本大会への準備の中…代表生き残り懸かる旗手怜央「W杯で勝つために力を注ぐだけ」

拡大画像を見る

 22日、日本代表が『キリンチャレンジカップ2022』のアメリカ代表戦を控え、試合を行うドイツのデュッセルドルフ・アレーナで前日練習を行った。

 練習後、取材に応じた旗手怜央(セルティック)は、「いつもチームでやってきたことをしっかりやるというのと、W杯前最後の合宿になるので、そこで自分の持っているものを出せれば」とコメント。6月の4連戦は未招集だったため、久々の代表活動にもなるが、「(6月は)悔しい思いもありましたけど、1シーズン半もやってきていたので、今自分ができることはしっかり休むことだったので」と、当時を振り返った。

 セルティックで今シーズン、好パフォーマンスを見せているが、「感覚的な部分もあるんですが、自分がやってきたことをしっかりピッチ上で表現できていますし、そのプラスアルファで自分で得ているものを実感できている」と、自信につながっているようで、「チャンピオンズリーグも経験していますし、レアル・マドリードとやれたことは僕のサッカーの中で大きな出来事だったので、そこの自信はすごくついていますけど、やらないといけないことはもっとあるので、そこにもう少し目を向けてやっていきたい」と話している。

 旗手にとっては本大会へ生き残りの懸かる合宿となるが、チームとしては本大会へ向けてのブラッシュアップ、確認などをする場ともなっているため、バランスを考えながらの取り組みとなるが、「生き残りもありますけど、ここに選ばれたからにはW杯で勝つために力を注ぐだけだと思っているので、僕が生き残れるかどうかも懸かってくると思いますが、ただ日本がW杯でいい結果を残してほしいという思いがすごくあるので、そのために自分ができることをやればいいかなと思います」と日本のために力を尽くすと語っている。

関連リンク

  • 9/23 10:18
  • サッカーキング

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます