「宮沢さん」呼びの夫・元V6森田剛とは「超ラブラブ」!!宮沢りえが挑む来年公開映画は“物議必至”「戦後最悪事件」の映像化作品!犯人役に浮上する「りえ大のお気に入り」演技派イケメン!!

拡大画像を見る

 V6が解散してからもうすぐ1年が経とうとしている。

 2021年11月1日にグループは解散。森田剛(43)はジャニーズ事務所を退所し、翌2日に妻で女優の宮沢りえ(49)と設立した新事務所「MOSS」で再スタートを切った。

 森田は結婚を機に姓を“宮澤”に変えたほか、6月19日放送のドキュメンタリー番組『情熱大陸』(TBS系)で映像作家のOSRIN氏を取り上げた際には、森田の仕事の打ち合わせに立ち会う真剣な表情の宮沢の姿も映し出され、森田を「剛ちゃん」と呼んでいることも明らかに。

 一方の森田は妻を外では「宮沢さん」と呼び、社長としても役者の先輩としても敬意を払っていると9月19日配信の『NEWSポストセブン』では報じている。さらに、宮沢が近畿地方のある町で新作映画の撮影に臨んでいるとも伝えている。

 宮沢が撮影に臨んでいる作品は、数年前に日本で実際に起きた大量殺人事件を題材にした社会派の問題作で、公開は2023年以降になる予定のようだ。シリアスな難役に挑む宮沢は、1日の撮影が終わるたびに深く考え込んでしまうほどだと記事では伝えている。

 芸能プロ関係者は話す。

「実はその映画は、2016年7月に神奈川県相模原市の知的障害者施設『津久井やまゆり園』で起きた『相模原障害者施設殺傷事件』を描いたものになるそうです」

■「戦後最悪事件」を描く超問題作

 2016年7月、「津久井やまゆり園」の元職員であった植松聖(うえまつ・さとし、32)が、同施設に刃物を所持して侵入して入所者19人を刺殺、入所者・職員計26人に重軽傷を負わせた。事件発生当時は戦後最悪の大量殺人事件として社会に大きな衝撃を与えた。

 殺人などの罪で逮捕・起訴された植松は、2020年3月に横浜地方裁判所における裁判員裁判で死刑判決を言い渡され、自ら控訴を取り下げたことで死刑が確定している。

「あまりにも凄惨なあの事件をどう描くのか……映画はかなりの話題作、問題作になると言われています。その映画で宮沢さんは主演を務めるとみられます。撮影が終わるたびに深く考え込んでしまう、という宮沢さんの心境も理解できますよね……」(前出の芸能プロ関係者)

■犯人役は宮沢りえを「お母さん」と慕う若手イケメン俳優か

 気になるのは犯人役を誰が演じるか――だろう。

「複数の俳優の名前が挙がっていますが、その中には磯村勇斗さん(30)の名前もあります。彼は宮沢さんの大のお気に入りですからね」(前出の芸能プロ関係者)

 宮沢と磯村は、2021年12月に上演された舞台『泥人魚』で共演。

 舞台を告知するため、2人は同年11月放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)にそろってVTR出演。インタビュアーを務めた鈴木唯アナウンサー(28)はVTR明け、「磯村さんなんですが、宮沢さんが稽古中に食事面の心配をしてくれるのでお母さんのようだと話していました」とコメントしていた。

「磯村さんは宮沢さんのことをお母さんのように慕っているんでしょうね。宮沢さんも磯村さんの演技を高く評価し、彼の俳優としての資質、姿勢を買っているのではないでしょうか。だからこそ、超話題作の要となる犯人役として、磯村さんの名前も出ているんでしょう」(前同)

 宮沢が挑むとされる問題作の公開を、夫・森田も心待ちにしているのだろうか――。

関連リンク

  • 9/23 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます