将来は青森県知事になる!半農半芸タレント「2代目・王林」の出世道

拡大画像を見る

 思いっきりな津軽弁とぶっちゃけトークで人気。今やバラエティー番組に引く手あまたの王林が、9月19日放送の「おかべろ」(フジテレビ系)に登場した。

 青森県を中心に活動するローカルアイドルグループ「りんご娘」を今年3月に卒業。「農業活性化アイドル」として、00年に青森で結成された「りんご娘」メンバーにはそれぞれ、りんごに因んだ名前が付けられ、王林は実は2代目だという。

「え、襲名があるの?」とナインティナインの岡村隆史が驚いて質問したところ、「社長の独断と偏見で決められるんです、みんな。『あなたはこれで』って」と王林。

 石田明(NON STYLE)が「でも、卒業したらもう『王林』を譲らな、3代目に」と言うと、「そう。でも、私はもう私以上に『王林』を語れる人はいなと思うから。初めて(襲名を)締めさせてもらいました」。さらに「永久欠番やないけど、『王林』はもう(襲名が)終わったんや」と聞かれて「そうなんですよ。りんご娘初。もう、(王林を)貰って」と語ったのだった。

 りんご娘として活動中にコロナ禍になり、感染症対策から、活動の主戦場であったライブやイベントなどが激減。その間「ずっと、畑仕事してました」と王林。

 岡村と石田が「畑仕事?」と聞き返せば「(りんご娘は)第一次産業を応援するグループとは言われてたんですけど、社長からずっと。コロナになって急に『ずっとやりたかったことがあって、それが半農半芸だ』って。半分農業で、半分芸能。『それをやる時が来た』って」と、当時の所属事務所の社長の言葉を紹介した。

 岡村が「こんなこと言うたらアレやけど、社長の畑やらされてるだけちゃうの」と質問すると、王林は「そうなんですよね。つまりはそういうことです」。

 その畑仕事に対するギャラはというと「ほんとに気持ち(程度の)時給が入ってました」。りんご娘をプロデュースした社長、どんな人か気になる。

 将来は「青森県知事になりたい」と夢を語る王林。半農半芸アイドルといえばその昔、いまや田中将大夫人の里田まいが所属していたカントリー娘。を思い出した。王林もどこまで出世するか楽しみだ。

(堀江南)

関連リンク

  • 9/23 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • え?じゃあ中学生ぐらいから『りんご娘』に入ってたの!?

  • K2

    9/24 8:40

    24歳ですよ。

  • りんご娘って2000年からあったの?公共性高いグループだから、モラル的に加入は二十歳以上からだよね!?ってことは、仮に王林が2010年から加入してたとしたら30歳すぎなのか。全然そうは見えないね。たいしたモンだわ!

記事の無断転載を禁じます