中居正広&笑福亭鶴瓶MC・日テレ『仰天ニュース』の日本赤軍特集が「大物議」!旧統一教会問題も追及の「超攻め姿勢」に中居は“ビクビク”!?

拡大画像を見る

 9月20日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)が、一部で物議を醸している。

 番組では「日航機ハイジャック事件の真相 2時間SP」と題して、国際線旅客機が日本人によってハイジャックされた1977年の事件を再現ドラマで紹介。ハイジャック時の機内の様子や犯人と日本政府との交渉の様子を描いた。また、事件を起こした国際武装組織「日本赤軍」について解説した。

「数々の国際テロに関わってきたとされる日本赤軍の元最高幹部の重信房子(76)を『重信房子氏』と紹介。重信は今年5月28日に懲役20年の刑期を満了して出所していますから、敬称をつけたのではないでしょうか。

 ただ、同じように刑期満了で出所した関係者には敬称がなかったため、そこに引っかかった視聴者もいたようです」(夕刊紙記者)

 SNSには「重信房子に敬称をつけるの!?」「重信に『氏』と敬称を付けるのに、他の登場人物には『氏』を付けないんですか…」といったコメントが寄せられた。

 また、「やたらと日本赤軍を美化してないか?」「仰天ニュースで、日本赤軍のリーダーだった重信房子に敬称を付け、学生運動が不正を正す行いであるかの様に表現している。暴力革命のある種の正当化だ」「テロリストを革命の戦士って呼んだり重信房子に氏を付けてテロップ流したり政府に抵抗して世界的に犯罪を起こした奴らを崇めた様な番組の作り方胸糞悪いな」といった意見も上がった。

 批判もある一方、「テロリストを美化しているとは私は受け取らなかったな…寧ろ暴力は暴力を生むって事なんじゃないの?」「別に日本赤軍を美化されてる内容だとは思わなかったけどな。どっちかというとクソみたいな奴らだと思ったし。内容を見ずに決めつけて言ってる人もいるからちゃんと見てから発言した方がいい」という声もある。

「国際的なテロリストだった重信だけに敬称をつけたこと、また、なぜ今この事件を放送したのかも含めて物議を醸しているんです。ハイジャック事件が77年9月末に起きたこと、今年5月に重信が出所したタイミングだったからだと思われますが。ただ、ここ最近の『仰天ニュース』は攻めた内容が多いですよね」(前出の夕刊紙記者)

 8月30日の『仰天ニュース』では「旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)」を特集。

「統一教会」の名前を実際に出したうえで、セミナーに参加した女子高生が「自由恋愛は罪だ」という教団の教えに触れ、家族や恋人を捨てて教会の活動にのめりこんでいく様を再現VTRで放送。他の信者との共同生活や彼女が行っていたという霊感商法の実態も詳細に伝えられた。

 これに視聴者からは「昨日の日テレの世界仰天ニュースは凄かった。統一教会に対抗する姿勢が素晴らしい。日テレには頑張ってほしい」「この番組は、凄く良かった。やはりこのように再現VTRになっていると大変分りやすいと思う。こうやって番組で積極的に取り上げる事は、旧統一教会に対しての抑止力になると思う」といった賞賛が多数寄せられた。

 制作会社関係者は話す。

「統一教会の回も日航機ハイジャックの回も、MCの笑福亭鶴瓶さん(70)と中居正広さん(50)はVTRは真剣な表情で見て、当時のことを知るゲストにトークを振ったり、フリートークのコーナーでは笑いを交えて全体を回すなど、さすがの司会ぶりでした。

 ただ、中居さんはここ最近の『仰天ニュース』の“攻めの姿勢”に内心はビクビクしているかもしれません。『仰天ニュース』が中居さんの“最後の砦”とも言われていますからね」

 ここ最近、中居の“オワコン化”を指摘する記事を目にする機会が増えてきている。

 2001年10月に『中居正広の金曜日のスマたちへ』のタイトルでスタートした『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)は、かつて20%近い世帯視聴率を取る超人気番組としてTBSの金曜ゴールデンに君臨。中居にとって“一丁目一番地”とも言える番組だった。

 しかし、ここ最近は世帯視聴率6%台、テレビ各局が重視する13~49歳のコア視聴率も2%前半といった数字が続いている。

「冠番組『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)も今年3月で終了。現在のレギュラー番組は『金スマ』、『中居正広のキャスターな会』(テレビ朝日系)、そして『仰天ニュース』の3本ですからね。

 数字的に『金スマ』は即打ち切りレベル。そんな中、『仰天ニュース』は22年目を迎えた今も好調をキープ。それどころか、ここ最近の攻めの姿勢を評価する声も多い。ただ、センシティブな内容を扱いますからどうしても批判の声も出てしまう。一歩間違えれば“放送事故”にもなりかねないでしょう。

 そのため、大事なレギュラーがさらに減る可能性もある中居さんが“ビクビクしているのではないか”と関係者の間ではささやかれていますね」(前同)

 賛否両論の『仰天ニュース』の超攻め姿勢に、中居も戦々恐々!?

関連リンク

  • 9/21 11:30
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

4
  • そんなに噛み付かなくても…中居がホサレることはないよ。この番組はチョット見たけど、なかなか濃い題材を扱っててスゴいな。と思いました。いまや忘れがられがちな昭和中期におこった様々な革命的事件。それがあったから、我々も政府もいまの平和を満喫できているのですね。良くも悪くも先人たちに感謝をしなければと思いました。

  • 観音寺六角

    9/22 20:58

    皆様そういうとこ観てんだな😶どうとも思わず観てた俺😱

  • 日本赤軍の放送部分は最早日テロ、ハイジャック犯は世界各地で北朝鮮の拉致に関与している。拉致被害者の親族はこれをどういう思いで観るんだろう。

記事の無断転載を禁じます