BOSS、ジョージア、ワンダ…バリスタ太鼓判「本当にうまい!」飲み得「缶コーヒー」最新TOP10

拡大画像を見る

 暑さの中にも涼やかな秋風が感じられる今日この頃。コンビニの缶コーヒーも、存在感を増してきた。

「秋は、コーヒー飲料の最需要期で、缶コーヒーのラインナップが充実します。特に、コロナ禍の2020年以降は、テレワークの増加に伴って人気が再燃。多種多様な商品が誕生しているんです」(流通誌記者)

 そこで今回は、年間200店以上の喫茶店を訪れるカフェライターで、現役バリスタの柳隆晴氏の協力のもと、自動販売機、コンビニの商品を実飲調査。その中から、“本当にうまい”逸品を厳選してみた。

 まずは、無糖から。柳氏が太鼓判を押したのが、『ボス 無糖ブラック』(サントリー)。無糖缶コーヒー市場で売り上げトップを記録した、絶対王者である。

「味のバランスがよく、かつ、コーヒーらしいコク深い苦みが感じられます。喫茶店のドリップコーヒーに最も近い味わいなので、本格派の人も満足できるはずです」(柳氏=以下同)

 特に、コーヒーの苦みを重視する人は、ホットで飲むのがオススメとのこと。ファミリーマート限定販売の『FAMILY’S BOSS ザ・エスプレッソ』(サントリー)なら、その魅力を存分に味わえる。

「缶コーヒーには珍しい、エスプレッソタイプです。豆の香ばしさと、濃厚な苦みがある、無糖好きにはたまらない味わいです」

 お次は、微糖。柳氏オススメは『ファイア 直火ブレンド』(キリン)だ。

「20年以上続く、キリンのロングセラー商品“ファイア”シリーズのブレンドコーヒーです。直火焙煎がウリなだけあって、甘すぎず、豆の香りを際立たせた仕上がりになっています」

 最後は、ミルク入り。甘味が強いこのジャンルは、口当たりを軽やかにするため、冷たい“コールド”で飲むことを推奨したい。

「疲れて元気を充填したいときは、生クリームのコク、甘みが濃厚な、『ボス カフェオレ』(サントリー)がピッタリです。

 一方で、『ワンダ モーニングショット』(アサヒ)は酸味が強く、とても爽やかな飲み心地。“朝専用”という商品フレーズの通り、朝の仕事前に気合いを入れたい人には、もってこいですね」

 奥が深い缶コーヒーの世界。最後に、柳氏が自分に合った缶コーヒーの探し方も教えてくれた。

「豆は深く煎るほど苦みが強くなるので、コーヒーっぽさを求める人は“深煎り”を選びましょう。逆に、スッキリした飲み心地を好む人は、酸味が出やすい“浅煎り”がオススメです」

 本誌を参考に、自分好みの一本を見つけてみては?

『BLACK無糖』(UCC)/本格ドリップ製法がウリ。「キレのある酸味が楽しめる」(柳氏)

『ワンダ 金の微糖』(アサヒ)/ブラジル最高等級豆100%。「香り豊かでリラックス効果大」(柳氏)

『ボス 贅沢微糖』(サントリー)/微糖缶コーヒー市場でトップ売り上げ。「甘み、コクともに◎」(柳氏)

『ジョージア エメラルドマウンテンブレンド』(コカ・コーラ)/コロンビアの希少コーヒー豆を使用した、まさに王道ブレンド。

『ファイア ブラック』(キリン)/直火式焙煎を採用し、他の製品に比べ、豆の香りを最大限に楽しめる。

関連リンク

  • 9/16 12:00
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

7
  • いち(

    10/3 8:27

    ブラックは飲めないのでジョジオレ飲んでます。

  • ***

    10/3 7:45

    ↓おまえ、アホか?

  • アーリー

    10/2 22:37

    JTのRootsアロマブラックが一番旨い!! コイツらコーヒーの味も分からんのか?

記事の無断転載を禁じます