キンプリ、『スッキリ』など3番組ジャック! 背景に「日テレの大誤算」

拡大画像を見る

 ジャニーズの人気グループ・King & Princeの10thシングル「TraceTrace」が9月14日にリリースされ、同日の日本テレビ系情報番組『ZIP!』『スッキリ』『バゲット』にメンバーが生出演。Twitterでは“日テレジャック”を喜ぶファンのツイートが相次ぎ、「#朝からトレトレ生KP」がトレンド1位となった。

 『ZIP!』では、事前に収録した「TraceTrace」のパフォーマンス映像を放送したほか、スタジオに生出演したメンバーがアルバム収録曲「ichiban」のサビを披露。さらに、床に水を張ったセットで「TraceTrace」をダンス中、盛大に転んでしまった平野紫耀が「なんで深夜1時にこんな濡れなきゃいけねえんだよ」と冗談交じりに言い放つ“NGシーン”も紹介された。

 一方、『スッキリ』では約20分間にわたってKing & Princeを特集し、メンバーは「TraceTrace」をスタジオで生披露。続いて出演した『バゲット』では、冒頭から5人がクイズに挑戦したほか、King & Princeの「大ファン」だというMCの伊藤遼アナウンサーが、興奮気味に「『TraceTrace』のミュージックビデオを配信サイトで見させていただいているんですけど、水を使った演出がすごく素敵だななんて思ったんです」などと新曲の魅力を語る場面もあった。

 そんな日テレの手厚い待遇に、Twitterでは「朝から日テレジャックお疲れ様でした! 日テレ各番組のみなさま、これからもキンプリをよろしくお願いします」「日テレ最高! 幸せな朝を過ごせました」「King & Princeが朝からイケちらかしてた! 日テレのスタッフの皆さま、ありがとうございました」などと同局に感謝するファンも目立つ。

 加えて、この日の午後に、同局バラエティ番組『King & Princeる。』の収録を控えていると指摘するファンも多く、「朝からお疲れ様でした。ゆっくり休んでと言いたいけど、これから『キンプる。』の収録だよね? もうすぐツアーもあるし、激務すぎない?」「この後、確か『キンプる。』の番協だよね? 少しお疲れ気味に見えたし、忙しすぎて不安になるよ」とメンバーの多忙ぶりを心配するファンも少なくないようだ。

 なお、「TraceTrace」は、放送中の永瀬廉主演ドラマ『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』の主題歌だが、同ドラマの世帯平均視聴率は第3話以降、3~4%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を連発。2015年にスタートした「日曜ドラマ」枠において、単話での史上最低記録を更新してしまった。

「『新・信長公記』は初回から6.1%と低空発進でしたが、回を重ねるとさらに下降し、9月4日放送の第7話では3.6%の自己最低を記録。『TVer』の再生数ランキングで深夜ドラマに負けることも多く、『大爆死』と報じるメディアも見られます。そんな散々な状況だけに、主題歌の『TraceTrace』も盛り上がっているのは“ファンだけ”という印象が否めない……。とはいえ、過去のキンプリの売り上げを見る限り、初動45万枚前後は堅いのでは?」(テレビ誌ライター)

 コメディ要素の強い『新・信長公記』は、残念ながら視聴者の“好き嫌い”が別れてしまったようで、ネット上では「深夜ドラマ向けのマニアックな脚本」「日テレの大誤算」と同局を責める声もある。そのため、同局が「TraceTrace」発売日に見せたジャニーズへの“神輿”ぶりは、視聴率不振に冷や汗をかいている表れとも受け取れる。

 また、ジャニーズにとって「主演ドラマのヒット」と「主題歌のヒット」は、“国民的スターへの黄金ルート”と言われている。例を挙げるなら、SMAP最大のヒット曲「世界に一つだけの花」は草なぎ剛主演『僕の生きる道』(フジテレビ系)、嵐の出世作「Love so sweet」は松本潤が出演した『花より男子2(リターンズ)』(TBS系)の主題歌であった。

「ダンスや歌のスキルにも定評があるキンプリですが、最近はメンバーの主演作が増えていて、役者としても順調。しかし、CDの売り上げでは、後続のSnow Manやなにわ男子に抜かれてしまいました。そろそろ特大のヒット曲が欲しいところですが、それにはメンバー主演作の成功が重要となりそうです」(エンタメ誌編集者)

 『新・信長公記』は厳しい状況だが、10月にスタートする平野主演ドラマ『クロサギ』も「主題歌はキンプリになると、もっぱらのウワサ」(同)だとか。次こそ、特大ホームランを期待したいところだ。

 

  • 9/15 6:00
  • サイゾー

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます