「バスト検索」で斉藤由貴が困惑、フジのお笑い特番に“公開性ハラ”の指摘

拡大画像を見る

 錦鯉・長谷川雅紀の憧れの人・斉藤由貴が生放送番組にサプライズ出演したものの、スタジオではバスト関連のトークのネタにされ、視聴者からは《これって公開性ハラじゃないの?》《この時代にそれはマズイだろ》と大バッシングが巻き起こっている。
 
 9月11日に放送された大型特番「FNSラフ&ミュージック 〜歌と笑いの祭典〜」(フジテレビ系)で、錦鯉がネタを披露しているところ、斉藤由貴が飛び入り参加。突然、背後からハリセンで頭を叩かれた長谷川は「え? え〜!」と驚きの声をあげて硬直。相方の渡辺隆から「なんか言えよ!」とツッコミを入れられていた。

 お笑いのステージからテーブルトークに切り替わると、ハリセンによるツッコミは斉藤由貴のアイデアであることが判明。長谷川の動きが早いため、斉藤は「無理やりにでもヒットさせるためには…確実なほうで」とハリセンを選択した理由を明かした。
 
 その後、ナインティナインの矢部浩之が「津田さんも好きみたいで」と話を振ったのはダイアンの津田篤宏。津田は緊張した面持ちで本人の前で「大好きです」とファンであることを告白。すると、矢部は「検索してたやろ? 家のパソコンで」と、かつて津田が斉藤のバストチラリを閲覧していたことを暴露。相方のユースケが語ったところによれば、過去にかまいたち・濱家隆一が調べものを頼まれて、津田のパソコンを使用したところ、検索履歴に「斉藤由貴(スペース)」に続いて“胸見え”のワードが残っていたという。津田はあわてて「ヘンな意味じゃないですよ」と弁解するものの、斉藤は苦笑いを浮かべながら終始うつむきっぱなし。津田は続けて「大好き過ぎて…大好き過ぎて…」と“バスト検索”を認める形となった。
 
 ナイナイの矢部が「斉藤さん、こういうのはどう思いますか?」と本人に直球質問。斉藤は「あの…私の胸にはたいした価値はないと思いますね」と語り、津田は「めちゃくちゃあります」と否定。下を見て唇を噛んでいる斉藤の困惑顔が映し出され、番組はCMへと突入した。

 このやりとりに、SNSでは《バスト検索って生放送で振る話題か?》《錦鯉・長谷川の純粋な気持ちがダイアンの性ハラで台無し》《ナイナイ矢部、今は令和だよ?コンプラわかってる?》《斉藤由貴さん困ってたのになんで誰も止めないの?不快すぎてチャンネル変えた》などと批判が殺到。「ラフ&ミュージック」と笑いを謳っていたものの、視聴者には笑えない一幕となったようだ。

関連リンク

  • 9/13 18:00
  • アサ芸Biz

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

3
  • 番組である以上はNG内容の確認や許容範囲は何となく有りそうだけど?※、欧米なら契約内容とギャラが繋がってかなり細かく規定されてるだろけど!日本はかなり曖昧だろなあ※、それがゆえにたまに出演NGとかに発展するのかも?※

  • ***

    9/15 16:04

    本当にセクハラとかなら本人が訴えたら?本人は何も言ってないのに外野がぐちゃぐちゃ言う事ではないわ!周りは関係無いやろ?全て本人次第やろ?本人が何とも思って無いならセクハラではない!イチャイチャしてるカップル、男が女を触っていてもセクハラと言わないやろ?女が嫌と言って無いからですわ\(^-^)/

  • この程度のことで性ハラとか つまらない世の中になったな。

記事の無断転載を禁じます