『ちむどんどん』黒島結菜、“酷評疲れ”!?「『あさイチ』で覇気ゼロ」女優を待つ『クロサギ』主演・キンプリ平野紫耀ファンの「大炎上地獄」!!

拡大画像を見る

 NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』が、第23週『にんじんしりしりーは突然に』に突入した。9月12日からの週は、黒島結菜(25)演じるヒロイン・暢子が自身が経営する沖縄料理店「ちむどんどん」の経営立て直しの救世主として「豚肉」を重要視していることから、豚肉を軸に人間模様が展開されそうだ。

 そんな黒島は、9月9日の『ちむどんどん』直後の生活情報番組『あさイチ』に、プレミアムトークのゲストとして登場。暢子の夫、和彦を演じる宮沢氷魚(28)と、主題歌『燦燦』を歌う三浦大知(35)も出演した。

「今回の『ちむどんどん』は、朝ドラ史上最悪レベルで酷評されています。批判の矢面に立つのは、主演の黒島ですから、いったい『あさイチ』はどうなるのかとヒヤヒヤしていましたが、特に波風は立たずに終了しました。

 ただ、黒島本人が言っていたように生放送への緊張もあったのでしょうが、顔色は悪く、全体的に覇気が全くなかった。MCの博多華丸(52)も以前から『ちむどんどん』の内容に苦言を呈していますが、黒島は止まない批判にへこみ、“酷評疲れ”が顔に表れているようにも取れる憔悴した感じの姿でした。

 彼女には、またすぐに別の大きな試練が待ち受けているんですが、こんな様子で大丈夫なのか心配ですね……」(夕刊紙デスク)

 黒島に立ちはだかる“試練”とは、King&Princeの平野紫耀(25)が主演を務める10月期の金曜ドラマ『クロサギ』(TBS系)でヒロイン・吉川氷柱を演じることだ。この連続ドラマ『クロサギ』は、山下智久(37)と堀北真希(33)が2006年に共演、大好評を博した作品だ。

「朝ドラ『ちむどんどん』は8月31日にクランクアップしたようですが、黒島は休む間もなく、10月期スタートの『クロサギ』の撮影に入っているのでしょう。そうした超ハードスケジュールにくわえて、『クロサギ』では偉大すぎる先達の堀北の演技がまだ記憶に残っている視聴者もいる。

 さらに、9月9日からは『Tver』をはじめとする配信サイトで、山下版の『クロサギ』の公開がスタートしています。黒島はかなり疲弊しているようですが、堀北の記憶を上書きする、黒島だけが演じられるヒロイン像を打ち出せるかが勝負どころですね。

 さらにもっと心配なのは、主演の平野紫耀のファンの存在です。もちろん、一部のファンではありますが、彼女たちの平野への想い、熱量があまりに高すぎて、共演した女優さんが炎上しまくることで有名なんですよね」(前出の夕刊紙デスク)

“猛炎上”の代表的な例が、2017年に平野と映画『Honey』で共演した平祐奈(23)だ。平野が好きな女性の服装として「赤いノースリーブ」を挙げると、平のSNS上に赤いノースリーブ姿の画像があったことで炎上。また、2人が載せた写真の机の木目が似ていると指摘されたり、過激な平野ファンが指摘する「匂わせ」疑惑は枚挙にいとまがない。

「平野はその圧倒的人気ゆえに、共演女優の匂わせ疑惑が常に取りざたされてしまいます。『クロサギ』では平野が主人公・黒崎高志郎を、黒島がヒロイン・吉川氷柱を演じるわけで、ラブシーンなどがなくても、両者の関係性だけで黒島にとっては大炎上リスクがある。

 さらに黒島は、かねてより交際していた高良健吾(34)との破局も報じられており、新恋人でも発覚しないかぎり、平野ファンの心配は解消しないでしょう。『ちむどんどん』の大酷評の次に待ち受けるのは、一部の平野のファンからの猛攻撃になる可能性もあるわけですが……黒島にはなんとかがんばってほしいですね」(前同)

 9月30日、大荒れの『ちむどんどん』が最終回を迎えた後も、黒島に逆風が吹き荒れそうだ――。

関連リンク

  • 9/13 7:07
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • 出た!デタラメ週刊誌『日刊大衆』の◯◯のようだ記事。別にどうとでも取れる様子を、あたかも記事の内容のごとく、読書をそっち方面へ誘導するお得意の書き方ですね。まあ、その誘導にツラレル読者も悪いんですがね(汗)オイラには『あさイチ』での黒島の様子は、ちっとも顔色は悪くなく、覇気がないようには全然見えませんでした(笑)他人の健康状態までわかっちゃう日刊大衆は超能力者の集まりなのか!?

記事の無断転載を禁じます