1人足りない…「ヘキサゴン」同窓会に「あのメンバーだけ参加しなかった」ワケ

拡大画像を見る

 9月7日、05年から11年に放送されたバラエティ番組「クイズ! ヘキサゴンII」(フジテレビ系)の出演者が、10数年ぶりの同窓会を開いたことをSNSで報告した。

「スザンヌは7日、自身のインスタで、過去に『ヘキサゴン』で共演していた里田まい、木下優樹菜、つるの剛士、上地雄輔の5人と笑顔で肩を並べた記念写真を公開。そして『夢にまで見た、しあわせな時間 たーくさんのありがとうが重なってこの日がついに、きたぁぁ 10数年ぶりに集まった』と、喜びの気持ちを綴りました。また、他の共演者も続々と今回の様子をSNSにアップし反響を呼んでいます」(芸能記者)

 これらの同窓会写真がアップされると、ネットでは「1人足りない」「野久保はハブられた?」などと、つるのや上地と番組内ユニット「羞恥心」を組んでいた野久保直樹の不在が話題に。

 だが、仲間外れにされたわけではないようで、スザンヌは野久保について「野久保っちはLAだから帰ってきたら必ず必ず(時差の中鬼のテレビ電話本当にごめん)」と綴り、里田も「アメリカにいるのっくは残念ながら参加はできなかったけど、次、またいつになるかわからないけど6人で集まったときは、また同じように胸がいっぱいになる時間を過ごせるといいな」と、それぞれのSNSで思いを明かしている。

 そんな野久保は現在、海外で活動を行っているようだ。

「野久保は09年、大手芸能事務所から独立したことで、『ヘキサゴン』を降板し、表舞台からも姿を消しました。その後、日本での活動が難しくなったためか、近年はアメリカのロサンゼルスを拠点に芸能活動を開始。7月には、自身のインスタで『遂に、映画の出演が決まりました!!』と、今年公開予定の映画『Bond of Justice: Kizuna』に出演すると報告しています」(前出・芸能記者)

 いつか野久保を加えた6人が集まる時があれば、再び大きな話題となりそうだ。

関連リンク

  • 9/12 7:14
  • アサジョ

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます