川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説

拡大画像を見る

 国葬の是非が国論を二分する。笑えない分断が、来たるべき混沌の時代を予感させる2022年秋。コロナ感染者は減少傾向を見せつつあるものの、なお「臨終」は、傍らに横たわることを止めない。ならば、著名人の墓碑銘を紐解くのも悪くはないだろう。

 2015年(平成27)年9月24日。川島なお美が死去。享年54。胆管ガンであった。手術拒否、抗ガン剤治療拒否の末の大手術など、波乱の闘病劇を演じた。思えば自身の人生もまた、常に話題とキャッチフレーズに満ちた54年と言えようか。

「お気楽女子大生」ブームの走りである、文化放送のラジオ番組「ミスDJリクエストパレード」では、「女子大生DJ」として人気を博し、「カンニング事件」なども、今で言う炎上騒ぎの先駆けでもあった。

「お笑いマンガ道場」(中京テレビ)のマンガ大喜利では、達者なイラストと当意即妙のコメントが話題になった。1982年~1989年のことである。

 そして1997年、ドラマ「失楽園」(日本テレビ系)でブレイクとなるのだが、言及したい作品は、2013年に公開された最後の映画出演作品「チャイ・コイ」。

 期待に違わず、「週刊アサヒ芸能」において「ニッポン女優『ベッドシーン遺産』ベスト100完脱ぎ編」(2022年8月18・25日合併号掲載)第7位の垂涎作である。

 原作は2002年、第2回婦人公論文芸賞を受賞した、岩井志麻子の官能小説「チャイ・コイ」。タイへの取材旅行に来た女流作家を演じるのが川島だ。

 現地に住むアクティブな姪の計らいで、いつしか旅先のアバンチュールにいざなわれる女流作家。絵に描いたような展開が、濃密なタイの街角の空気感、そして川島の存在感と共に、次第にリアリティーを醸し出す展開が心地いい。川島の相手は、兵役を逃がれてムエタイでの咬ませ犬として日々を送る、韓国人青年。異邦人の2人が魅かれ合うのに、時間はかからなかった。

 氷を口に含み、吐き出した氷を体に這わせる川島は、白水着で夜のプールを泳ぐ。そしてシャワーを浴び、ベッドに体を横たえる。

 男に触れた自身の指を愛おしくナメ回し、自らをその指でまさぐり、慰める川島。ショッキングピンクのワンピースが脱ぎ捨てられ、生まれたままの姿になった。あばらの見え方に熟感を抱きつつも、大きく突起したバストトップが眼福である。

 のけぞる足先、シーツをつかむ手、絡む指先。上気して見つめる川島の顔がせつなげだった。

 逢瀬を重ね、情事にふける2人。目隠しをされ、女性上位になり、男の手を縛る。

 エピローグ。画面に現れる文字は「摘み取ればたちまち萎む花 もぎ取れば後は腐るだけの果実」。

 思えば、「チャイ・コイ」とは、ベトナム語で「果実」の意。川島の生涯を懸けた「果実」を味わい尽くすのも供養である。

 川島はこの2年後に没する。

 時に「失楽園」で共演した古谷一行が今年8月23日に、78年の生涯を閉じた。「私の体はワインでできている」と並ぶ「子宮が呼吸できない気がする」との名言のままに、前貼りを付けず撮影に臨む川島を相手に「入っていた」との伝説を生んだ。

 昨今かまびすしいコンプライアンスの彼方に、作品が輝いていた時代である。以て瞑すべし。合掌。

関連リンク

  • 9/11 17:59
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    9/15 7:04

    この映画見たけど話も気にはなってたが川島がヌードになるからと話題になりましたね、感想がっかりしましたな、美女は裸は駄目天は2物をあたえないのかと。全てではないが。

記事の無断転載を禁じます