わずか2、3秒! スーパーのカートから女児誘拐の瞬間をカメラが捉える(南ア)

拡大画像を見る

南アフリカの東ケープ州南部ポート・エリザベスのスーパー「キャッシュ&キャリー(Cash & Carry)」で5日午後2時頃、ショッピングカートに座っていた1歳女児の誘拐未遂事件が発生した。

当時の様子を捉えた監視カメラの映像では、通路に置かれたショッピングカートの中に座っている女児に向かって、青い帽子を被った大柄の女が近づいてくるのが見て取れる。

女児は20代の両親と買い物に来ており、女は2人がカートに背を向けて冷凍ショーケースを覗き込んだほんの2~3秒の間に女児を抱っこし、そのまま立ち去った。

Twitterで公開された動画はここで終わっているが、両親はその数秒後、カートに娘がいないことに気付くと大声で叫んで助けを求めている。また父親は、店の入り口まで全速力で走ると警備員に娘が誘拐されたことを伝えており、ドアを閉めて施錠するよう頼み込んだ。

こうして興奮状態の父親がドアの前で待機していると、別の女(ナンバー2)が近づいてきたそうで、女児を抱っこして入り口を目指してやって来た青い帽子の女を指さしてこう言ったという。

「全ては冗談なのよ!」

しかしそんな“冗談”が通じるはずもなく、両親は娘を女から引き離すと店のスタッフが警察に通報した。

地元警察は51歳と56歳の女を誘拐未遂容疑で逮捕しているが、2人は「冗談だった」と繰り返すばかりで容疑を否認しているという。また女児の両親とは面識がないとのことだ。

なお当時の監視カメラの映像を分析した地元警察は、父親に近づいてきた別の女(ナンバー2)は女児が連れ去られる直前、ショッピングカートに座っていた女児の頭を撫でて通り過ぎていったことを公表しており、このニュースには「冗談のはずがない」「女2人で誘拐の機会をうかがっていたのだろうね」という声のほか、「これは怖い」「子供をカートに乗せる場合はベルトをするべき」「一瞬たりとも目が離せないね」「他の買い物客は気付かなかったのだろうか?」「年間、どのくらいの子供がこうやって誘拐されるのだろう」といったコメントも寄せられた。

ちなみに南アフリカのヨハネスブルグ近郊のスーパーでは先月、店員がショッピングカートに座っていた生後8か月の女児を連れ去ろうとして逮捕されたばかりだった。

画像は『The South African 2022年9月7日付「WATCH: Another baby SNATCHED from parents’ trolley in store」(Photos: Video)』『Yusuf Abramjee 2022年9月7日付Twitter「A one-year-old girl was snatched from a trolley at a cash and carry in Cleary Park,」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 9/9 6:00
  • Techinsight japan

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます