オズワルド「漫才やりすぎて涙が…」年間1000ステージの馬車馬労働に「危ない状態だ」

拡大画像を見る

 お笑いコンビ「オズワルド」(伊藤俊介、畠中悠)が、8月31日放送の「あちこちオードリー」(テレビ東京系)に出演。超多忙なスケジュールを明かした。

 コンビ結成8年で、これまでに3度「M-1グランプリ」決勝に進出。昨年のM-1以降、急激に忙しくなったそうで、なんと年間約1000ステージをこなしているという。

 番組MCのオードリー・若林正恭が「ハードスケジュールは2人とも平気なほう?」と聞くと、伊藤は「忙しいのは大丈夫なんですけど、漫才をやりすぎてるなとは思います」と返答。続けて「テレビで言うアレでもないんですけど、泣いちゃって。漫才しすぎて」などと打ち明け始めた。

 1日11、12ステージをこなす中、伊藤は「自分は平気なタイプかと思ってたんですけど、こないだ、いつものスナック行ってお姉さんとマスターが話しているのを聞いてたら、何のきっかけもなしにツーッと涙が出てきて」と回想。これに若林は「危ない状態だ」、オードリー・春日俊彰も「マズいね」と心配していた。お笑い関係者もこれに頷いて、

「同じ吉本興業所属で中堅芸人のくまだまさしなどは『営業回数ナンバーワン』と豪語していますが、先ごろ明かしていたステージ数は、年間700~800。現在のオズワルドはそれ以上ということになります。若林にM-1優勝を目指す中で『漫才のやりすぎはデメリットにならないか』と問われた畠中は『現状、M-1で勝てるネタがないんですよ』とぶっちゃけていましたが、今年も優勝の最有力候補だけに、少々心配になります」

 売れている証とも言えるが、馬車馬状態には同情する。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 9/6 17:59
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます