谷原章介が「あおり運転」のありえない対策を披露して物議「危険すぎる!」

拡大画像を見る

 俳優の谷原章介が9月5日、メインキャスターを務める「めざまし8」(フジテレビ系)に出演。あおり運転を受けた際、あり得ない対策を披露し物議を醸した。

 番組では、9月3日に愛知県豊田市で起こったあおり運転を取り上げた。発端となったのは、車が低速で走行するバイクを追い越したこと。バイクの運転手は追い越されたことに逆上したのか、車を抜き返した。その後、ゆっくりと蛇行しながらバイクを運転し、車にプレッシャーをかけ続ける。途中、車に向かって怒鳴りつける場面もあったという。バイクの危険行為は、車のドライブレコーダーに記録されていた。

 谷原は「これは相当怒っていますね」と率直な感想。あおり運転をされたときの対策については「これはいっときの感情で古市さん、カーッときたのかもしれませんけど、もし本当にカーっときたなら、車を停めてね、話し合いをすればいいわけであって、こういう示威的な行動に出る必要はないですよね」と、両者での話し合いを提案。

 話を振られた社会学者の古市憲寿氏は「そうですね」と小さな声で賛同しつつも、今はドライブレコーダーが普及して危険運転は記録され、テレビでも放送されることで減っていくことを願うとし、谷原の〝話し合い〟論については完全スルーした。

 ネット上では「あおり運転する人間は普通ではないし、そんな人と話し合いなどできるわけがない」「ドアはロックして開けないのが基本で、車を停めて話し合いなど危険すぎる」などと、谷原の意見を呆れた様子で全否定。

「ネット民の指摘通り、話し合いなどは言語道断です。危険行為を仕掛ける人間が冷静であるわけがありません。話し合いどころか、暴力行為を受ける可能性もあります。あおり運転などを受けた場合は、相手に車を停められたとしても、ドアや窓を絶対に開けず、相手にしてはいけません。ドライブレコーダーがない場合はスマホなどで動画を撮り、相手がひどく逆上しているようでしたら警察に連絡します」(自動車雑誌ライター)

 谷原もあおり運転を受けたら、決して話し合いに出ないように。

(石田英明)

 

関連リンク

  • 9/5 11:53
  • アサ芸Biz

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

11
  • 煽った奴が車を停車させたらその後何が起こっても煽られた方は無罪としたら 例えば前方に車を横付けにして窓から身を乗り出し怒鳴ってたらそのまま車を発進させて突っ込む 車から降りて来てこっちに向かって来たらそいつに向かって車を発進させる…もちろんノーブレーキ 降りて来た奴が車の運転席側に来てしまったらハンドル右いっぱいにきって急発進させる等など それでも停車させたら煽った奴の自己責任で煽られた方は無罪!

  • 煽りコメントするようなアホ↓は実際生きていても仕方ないヤツ、人間のクズなんで本来なら殺害されるべきなんですが、法があるから仕方ない。残念です。

  • ***

    9/21 16:14

    煽り運転するようなアホは実際生きていても仕方ない輩共、人間のクズなんで本来なら殺害して行くべきなんですが法があるから仕方ない。残念です

記事の無断転載を禁じます