草なぎ剛にNHK朝ドラ女優が「超ドッキリ発言」!意味深すぎる「いつ干されるかわからない」にも動じない「完全復活」

拡大画像を見る

 8月19日、映画『サバカン SABAKAN』の公開初日舞台あいさつが都内で行われた。

 同作は80年代の長崎で生きた少年のひと夏の冒険を描いた「和製スタンド・バイ・ミー」とも呼べる作品だというが、同作に出演した尾野真千子(40)の発言が、ファンをざわつかせたという。

 今回のイベントには、金沢知樹監督、主演の番家一路(12)、原田琥之佑(12)、番家天嵩(9)ら子供たち、夫婦役の尾野と竹原ピストル(45)、そして主人公の成人後の姿で、語り部の草なぎ剛(48)が登壇。

 挨拶のあと、共演者同士で“夢”に関するクロストークが展開され、番家一路が「幼稚園の時は宇宙飛行士。小3の理科や算数の成績を見て諦めた。今はお金持ちになりたい」と話した。

「驚いたのは尾野さんの話で、“女優が夢”と答えたんです。もうなってるでしょ、という周囲の反応に対して尾野さんが言葉をついで、“ずっとやっているとだんだん干されていくのかな? と考えたりすることもあって、もっとこの夢を持ち続けていようって思います”と発言したんです。

 思わず、草なぎさんの顔を見ちゃいました。いつもと変わらずニコニコしていて“天職じゃないですか。真千子ちゃん偉いね。向上心あるね”と答えていましたが、草なぎさんが横ににいるのに“干される”は、ちょっとシャレになってない部分がありますよね……」

 と話すのは、イベントに参加していた観客。

 草なぎは2016年の12月31日でSMAPが解散したのち、17年9月に香取慎吾(45)、稲垣吾郎(48)と3人でジャニーズ事務所を退所して『新しい地図』に移行。その後、3人ともメディアへの露出が激減していた。まさに“干される”とはこのこと、という状況に香取は、

「3年くらい経つんですけど、本当にこんなにテレビに出れないか、と。ステイホームで家でいろいろ見るじゃないですか。改めて“あれ、本当にテレビに出れないんだな”って、ちょっと最近感じている」

 と20年8月に『7.2新しい別の窓』(ABEMA)で漏らしていたこともあった。

■一度はお蔵入りになるも、最高のタイミングでの上映になった

「『新しい地図』が干されていたというのは、2019年にNHKが“公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して、3人が民放テレビ局に出演できないように圧力をかけていた疑いがあり、注意した”と報じていますから、事実でしょう。草なぎさんも辛い時期を経験していたと思います。

『サバカン』も、『新しい地図』になってすぐにラジオの朗読劇として制作したのが、収録も終わったのにお蔵入りになってしまった、という話を、自身のYouTubeチャンネルなど各媒体で語っていましたからね。

 しかし、結果的に収録した一部は予告のナレーションとして再利用して日の目を見たし、何より草なぎさんが『ミッドナイトスワン』で日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞に輝いた後の最高のタイミングで映画が公開されることになった。もうつらい時期は完全に乗り越えた、と言っても過言ではないでしょう。次は香取さんに期待したいです」(専門誌記者)

 香取は、今年9月23日に妻役の岸井ゆきの(30)と夫婦の映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』の公開が控えている。本作は先行上映が行われており、

《昨日見ましたー慎吾ちん最高でしたー!サバカンも本日公開!》

 と草なぎが19日にツイートしていたほか、『サバカン』の初日あいさつでも、草なぎは映画を見たことに言及していた。

「稲垣吾郎さんも、11月に“好きという感情そのもの”について深く掘り下げる大人のラブストーリー『窓辺にて』という主演映画があると告知されています。考えてみると、今年の下半期は『新しい地図』が全員映画をやる。『サバカン』はノスタルジックな雰囲気が絶妙で素晴らしい作品でしたが、香取さんと稲垣さんの映画も今から楽しみです」

 18年に『新しい地図』は、4本の短編からなるオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』で、共演こそないものの同じ映画に出演していて、草なぎはこの作品でも尾野真千子と共演している。

「イベントでも草なぎさんは、夢についての話で“『新しい地図』でまた映画を撮るって話して、まだ撮ってない。真千子ちゃんとやったやつからそれっきり。やっぱりまた新しい映画を撮りたい”と言ってました。ほんとに映画を作ってほしいですね」(前出のイベント参加者)

 次は、ぜひとも『新しい地図』3人の映画が見たい!

関連リンク

  • 8/20 7:15
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます