ロンブー淳「俺は決してしたくないキス」年上女性からキスの強要…過去の芸能界セクハラ悪習を告白

拡大画像を見る

 8月14日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)で、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(48)が過去に受けた“逆セクハラ”について明かした。今回は飲み会での“セクハラ”がテーマで、番組内連ドラ『あざとく頑張って何が悪いの?~東京ガールの成長日記~』で、主人公のOLが取引先相手の男性との飲み会で「彼氏いるの?」「どこに住んでるの?」など、セクハラ的な質問をいろいろされるというシチュエーションに、MCの田中みな実(35)、弘中綾香アナウンサー(31)からは「ヤバい」「怖い!」と大ブーイングが起こった。

 ドラマを見た淳は、「本人がしゃべるのを待つんだよ。こっちが質問して、じゃなくて。しゃべりたかったら自分でしゃべるじゃない」「こっちにも質問があるってなると、“この話は奥にいってもいいのね”っていうのが分かる」「あの人といたらめっちゃしゃべっちゃったわ~が一番良くない?」と飲み会での自身のスタンスを明かし、田中に「モテる人の発言!」と称賛されていた。

 今回、欠席した南海キャンディーズの山里亮太(45)の代わりに出演していた平成ノブシコブシの吉村崇(42)が「淳さんも今思うと、これセクハラされてたと思ったことは?」と聞かれた淳は、「なんかわかんないけど、芸能界の昔の人って酔っぱらうとキスする人多くないですか?」と自身が受けた逆セクハラを告白。「年上の女性が淳さんにキス?」と驚く田中と弘中アナに、淳は「キスをしなきゃいけない空気を作られてキスすんだけど、あれは俺は決してしたくないキスだから」と本意ではなかったと語り、「キスすると洋服をくれるのよ。しかも全然着たくない服」と苦笑い。

■田中みな実も逆セクハラには敏感?

 田中は「(セクハラは)男性から女性とも限らない」「年齢も30代半ばになってくると20歳ぐらいの男の子とかに、もし万が一ですよ、好意を寄せられたとしても疑っちゃいますもん」「どこかでセクハラとか言われるんじゃないかって」と、何がセクハラになるかわからず、身構えてしまうとうなずいた。

 淳は「飲み会とかで自分があまりしゃべらないのよ。相手がしゃべりやすいか、みたいな空気を作ることに徹するから」と語り、「頷くパターンみたいなのも結構持ってる」とぶっちゃけ。弘中アナを相手に実践、相手に寄り添った相槌や、会話がスムーズになる質問を交えたテクニックに、田中は「めっちゃ良い!」と大絶賛していた。

 淳の逆セクハラ告白に視聴者からは「昔はそういうセクハラは当たり前で、今の時代でも普通にありそう」「セクハラって言ったもん勝ちなところない?」「会社の人との飲み会なんて行きたくないわ」など、時代を感じさせるコメントが続いた。

 番組MCとしての実力もあり、今回田中たちからモテ男認定されていた淳。若い頃は多くの女性芸能人との恋の噂も多かった。暴露系YouTuberとして話題になり、参院議員にもなったガーシーの著書『死なばもろとも』では、淳の過去の“女癖の悪さ”も暴露されていた。これについて淳は「おおむね事実です。でも、ディテールがけっこう違うよと言いたい」と反論していた。若い頃のいろいろな経験が今の“聞き上手”な淳を作っているのかも!?

関連リンク

  • 8/19 8:00
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます