「白アスカが欲しい!」中川翔子、ゲームアプリに12万円課金で賛否の声

拡大画像を見る

 タレントの中川翔子が8月13日、自身のYouTubeチャンネル「中川翔子の『ヲ』」を更新。携帯ゲームのガチャで12万円課金する様子を公開した。

 中川は携帯ゲームアプリ「荒野行動」でアニメ「エヴァンゲリオン」とのコラボが始まったことを受けて、「ひっさびさにゲームにめっちゃ課金して、綾波レイが出ました」と計5万円を課金して人気キャラの綾波レイをガチャで引き当てたことを報告。

 しかし中川のお目当てはほかにあったようで、それは「白アスカ」。スタッフの1人がこれを一発目のガチャで引き当てていたことから、中川はスタッフに煽られるままその場で1万円を課金。しかし、「白アスカ」を引き当てることはなく、その後も課金を続けようとすると画面にはクレジットカードの上限に達したことを意味する「お客様のお支払方法は拒否されました」という表示が出る事態に。

 中川はそれにもめげず、別のクレジットカードを登録して課金を続行。しかし、そのカードも4万円まで課金したところで再び上限に達してしまった。中川は「カードが全部ダメかも。カードが3枚止められました」と今回止められた2枚のクレジットカードのほかにもう1枚止められていたことを告白した。

「白アスカ」をあきらめきれない中川はスタッフに2万円を渡して「アップルギフトカード」を購入し、ガチャを続行。それでも引き当てることはできず、結局ガチャで貯まった交換ポイントで「白アスカ」をゲットするに至ったが、前日の5万も含めて計12万円も課金してしまったため、喜びながらも「高木さん、仕事とってきてぇ。私もうカード全部止まって生きていけないから、仕事とってきてぇ」とスタッフに懇願していた。

 ネット上では、《課金はしない派だけど、これみて課金の楽しさと恐ろしさの両方楽しめた笑》《ははは、1分で1万円溶けるとか恐ろしい》《カネあるんだから、いいんでないの~》《金持ちの散財》など賛否の声が続出した。

「中川は翌日には『見ろ! これが12万円も課金した成果だ!』と題した動画を投稿。課金の成果で豪華になった画面やプレイ動画を公開していました。結果的にYouTubeのネタにして収益につなげることが見込めたからこそ、これほど大胆な課金をすることができたのでしょう」(芸能記者)

 再生回数を稼いで、投資した分を回収できるとよいのだが。

(柏原廉)

関連リンク

  • 8/19 7:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • トリトン

    9/5 18:59

    自分もSAO(ソードアートオンライン)での温泉シリーズにやられましたからね、なかなかあくどい(笑)一万円が何羽か飛んで行きましたね。

  • ゴミみたいなライターが蔓延るネットニュースに賛否の声 って記事書いてみようかな そもそも"賛"があるようには見えんけど

  • 碧き雪

    8/22 19:42

    皆様の仰る通り。課金しようが何しようが、本人の自由。 こんな三下記事で、他人に僻みをぶつけ侮辱する事にくらべたら、何の問題もないどころか、お金つかって経済を回しているじゃないですか。加えて言えば、元のSNS発言に文句をつける輩は、自分に同じ事が出来ないから、ただの僻みでしょ?独自の記事を書くどころか、SNSの偏った発言を持って来て自分の記事にするなんて・・・。ま、そういう事。

記事の無断転載を禁じます