嵐・大野智、『女性セブン』「宮古島巨大リゾート計画」詳報スクープの裏にあるジャニーズ事務所の「怒り」!「もはや最後通告」の“3つの事由”…二宮和也MP・日テレ『24時間テレビ』来場も「絶望的」!!

拡大画像を見る

 かねてよりその計画が報じられていた嵐・大野智(41)の「リゾート事業」が本格的に動き出しているようだ。8月18日発売の『女性セブン』(小学館)がスクープ詳報している。

 2021年1月にグループが活動休止に入って以降、大野はいっさいの芸能活動をストップ。以降、表舞台に姿を現してはいない。そんな大野には活動休止後、沖縄県南部の離島に移住する計画があるとも報じられていた。

 大野は2016年10月に「X社」という株式会社を設立しており、会社の登記目的欄には「ペンション経営」や「マリンスポーツの営業及び備品レンタル」といった記載があるという。また、同社は2017年10月、離島に1200坪の土地を登記したとされる。

「大野さんは離島でリゾートを経営して生活していくつもりだったと言われています。しかし、コロナ禍でなかなか計画が進められなかった。しばらく土地も手つかずのままだったようですからね」(ワイドショー関係者)

■リゾート計画の地が「宮古島」だということが明らかに

 8月2日発売の『女性自身』(光文社)では、大野が離島に秋頃オープン予定のイタリア料理店のオーナーに就任するとも報じていた。

 そんな中、沖縄・宮古島で2023年1月にX社が手掛ける巨大リゾートホテルが竣工予定だと『女性セブン』が報じたのだ。

 設計は宮古島在住の一級建築士によるもので、180度オーシャンビュー。バルコニーの先には「インフィニティプール」も設置される予定だという。

「これまでも大野さんのリゾート計画はたびたび報じられてきましたが、その場所が“宮古島”だというのはあらゆるメディアが伏せていて、あの“一切の忖度ナシ”で知られる『週刊文春』(文藝春秋)ですら大野さんサイドに気を遣ってか明言することはなく、“沖縄県南部の離島”と伝えてきました。

 にもかかわらず、ジャニーズ事務所と良好な関係にあり、“親ジャニーズメディア”として知られる『女性セブン』が、場所とともにかなり具体的にリゾート計画を報じたんです」(前同)

■「親ジャニーズメディア」が宮古島を“初解禁”したワケ

 18日発売の『女性セブン』にはKing&Princeの永瀬廉(23)のミニフォトブックも掲載されており、同誌とジャニーズ事務所が良い関係を築いていることがうかがえる。

「宮古島はそれほど大きな島ではありませんし、もうすぐ完成するという大野さんの巨大リゾートホテルがどこなのかも地元の人に聞けばわかるはず。だからこそ、多くのメディアがこれまで宮古島だと報じることはしてこなかったわけです。これだけ大々的に報じられたこともあり、ファンが押し寄せるということも十分に考えられます。

 しかも、ジャニーズサイドに都合の悪くなるような記事はやりにくい“親ジャニーズ”の『女性セブン』が、宮古島だということを初解禁したんです。ジャニーズ事務所が事前に記事の中身を確認しているということはさすがにないでしょうが、ジャニーズ事務所が、大野さんのリゾートホテルの場所について“絶対NG”と考えるならば、記事には事務所サイドの意向が反映されたと考えられます。

 事務所サイドとはおそらく違い、この事態は、大野さんにとっては“勘弁してくれよ……”といったところではないでしょうか」(前出のワイドショー関係者)

■記事からにじみ出る「ジャニーズ事務所の怒り」

 嵐は、大野の「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」という思いをメンバーやジャニーズ事務所が尊重したこともあり、活動休止という決断に至ったことも明らかになっている。

「ただ、宮古島ということが明らかになり、もし現地で暮らすならば、大野さんが静かな生活が送れるかというと今後は難しくなるかもしれませんね。

 そして、宮古島の件しかり、今回の『女性セブン』の記事からは、大野さんに対するジャニーズ事務所サイドの“怒り”のようなものも感じられる、と言われていますね。

 大野さんの“自由な生活をしたい”という思いをメンバーと事務所は尊重したわけですが、嵐は解散したわけではありませんし、ファンクラブも継続。大野さん自身も退所していません。ただ、いつまでも今のような宙ぶらりんの状態でいいわけはありません。活動再開を期待するファンのため、再稼働の時期などについて話し合う必要もあるでしょう。

 しかし、活動休止後の大野さんは新恋人の存在が報じられたほか、ジャニーズサイドも完全にアンコントローラブルだといいます。そして、聞こえてくるのはリゾート事業を含めたビジネスの話ばかりですからね。そういった大野さんの態度にジャニーズサイドは苛立ち、今回の“新メディア”による詳細な報道につながった可能性もあります」(前同)

■大野に取り沙汰される“副業疑惑”

 大野については“副業疑惑”も、これまでたびたび報じられてきた。

 大野には10億円近い蓄えがあり、その運用を親友でビジネスパートナーのA氏に任せていると2021年12月の『週刊文春』が報じた。A氏は制作会社の取締役で、大野とはAD時代から飲み仲間として親交を深めてきたという。

 大野はA氏を代表者に立てて複数の会社を設立。4~5年ほど前から都内の土地を購入し、不動産事業を展開していたと記事では伝えている。登記簿上の代表者はA氏だが、本店所在地は大野の自宅に置かれているとされる。『女性セブン』によると、宮古島のリゾート事業もA氏が取り仕切っているようだ。

「大野さんが“休みたいから”という理由で嵐は活動休止に入ったんです。ところが、その大野さんがやっているのはビジネスですからね。不動産投資は資産運用だと言えるのかもしれませんが、リゾート事業は明らかなビジネスでしょう。

 ジャニーズ事務所はタレントの“副業NG”を徹底してきましたし、功労者の大野さんであっても例外ではありません。そういった事情もあり、今回の大野さんの動きは看過できなかったとも考えられますね」(芸能プロ関係者)

■嵐関連の“大きなイベント”が!?

 8月27日と28日には嵐の二宮和也(39)率いる『ジャにのちゃんねる』のメンバーがメインパーソナリティーを務める『24時間テレビ』(日本テレビ系)が放送される。

 今年の同番組のテーマは「会いたいあの人へ今だから伝えたい想い」ということもあり、大野がサプライズ出演する可能性を、複数のメディアが報じてきた。

「嵐のメンバーと大野さんは今も頻繁に連絡を取っているようですが、大野さんサイドがグループの活動やジャニーズ事務所サイドに協力しようという姿勢はあまり感じられません。『女性セブン』の記事では、来年以降、嵐の大きなイベントが行なわれることも示唆されています。

 ただ、こういった嵐の何らかの活動にもいっさい協力しないというのであれば、ジャニーズ事務所サイドとしてもいよいよ本当に看過できないでしょうし、最悪の場合、“辞めてもらう”という判断になる可能性もゼロではないでしょう。

 今回の女性セブンのスクープ記事は、憤りを持っているジャニーズ事務所が、“親ジャニーズメディア”を通じて出した大野さんへの“最後通告”、とも読める内容になっていると言えるのではないでしょうか」(前同)

 今回の報道は大野の「宮古島リゾート計画」に影響を及ぼすのだろうか。また、嵐の再稼働の行方はどうなっていくのだろうか!?

関連リンク

  • 8/18 11:40
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • デビュー前から辞めたがっていた人なのだから仕方がないじゃん。

記事の無断転載を禁じます