あびる優、事務所も認めた「第2子極秘出産」の衝撃!元夫・才賀紀左衛門との長女育児バトルでも“疑問符”が急浮上の「化粧品宣伝インスタ投稿」!!

拡大画像を見る

 タレントのあびる優(36)が2021年2月に第2子を極秘出産していたと、8月17日配信の『NEWSポストセブン』及び翌18日発売の『女性セブン』(小学館)が報じた。現在1歳になる女児は福岡県にある彼女の母方の実家に預けられ、あびるとは一緒に暮らしてないという。

 あびるといえば、元夫で格闘家の才賀紀左衛門(33)が、裁判所が認めた親権の変更後も応じることなく現在も娘のAちゃん(7)と暮らしていることを7月21日発売の『週刊文春』(文藝春秋)に告発。

 さらに同月28日の同誌に、才賀がAちゃんに対し、あびるにネガティブな気持ちを持つような“洗脳”を行なっているとも明かしていた。

 一方の才賀サイドも同日発売の『女性セブン』で“応戦”。Aちゃんをあびるに引き渡せない理由を、彼女に酒癖の悪さ、虐待やネグレクト(育児放棄)が疑われる問題行動があったからだと説明し、“連れ去り”や“洗脳”を否定していた。

■第2子出産をひた隠しにしていたワケ

『女性セブン』には、泥酔して路上で寝るあびるの姿をはじめ、問題行動とされる写真や動画、LINEのやりとりが掲載されており、Aちゃんの親権を放棄するようなメッセージも見受けられた。

 2018年10月の深夜3時に自宅で才賀の友人が撮影したという連続写真には、あびるがAちゃんの腕をつかんでプロレス技のジャイアントスイングのように振り回す姿が写し出されているほか、飲食店でAちゃんの髪の毛をハサミで切るあびるの姿も確認できる。

 そんなAちゃんの親権をあびるに変更する、と東京家裁が決定を下したのは2021年2月12日。この調停の最中にあびるは才賀とは別の男性との子を身ごもり、極秘裏に第2子のBちゃんを出産していたというのだ。

 あびるは妊娠中からAちゃんの親権を勝ち取るまでは、才賀をはじめ、世間にBちゃんのことを絶対に知られてはならないと周囲に話していたという。離婚から1年以上経過していたため、戸籍上の問題はないものの、調停で不利になると考えた可能性もあるとあびるの知人はコメントしているようだ。出産後にBちゃんを母方の実家に預けたのもそういった理由からと考えられる、と記事では伝えている。

『女性セブン』によると、Bちゃんの父親とは籍を入れておらず、認知もしてもらっていないという。

■「なぜ第一子の親権取ろうとしてるのだろう? 何目的?」の声も

『女性セブン』の取材に、才賀は第2子の存在を「まったく知らなかった」と絶句し、自分に知らせる義務はないだろうがAちゃんには「きょうだいがいることを伝えてもいいのでは……」と心境を吐露している。

 8月18日の日刊スポーツなどの取材に対し、あびるの所属事務所は「出産は事実ですが、それ以上のプライバシーについてはお話しできません」と第2子出産を認めている。

『女性セブン』の記事を受け、SNSには「なんかもう…」「一緒に暮らしてないとかなんなん…」「あびる優、2人目出産してたんだ。驚いた。2人目とも一緒に暮らしてないなら何で親権争いしてんだろう」「第二子とも暮らしていないのに、なぜ第一子の親権取ろうとしてるのだろう? 何目的?」といったコメントも寄せられている。

■業界関係者から上がっていた疑問の声

 ワイドショー関係者が話す。

「第2子を出産していたというのは、大変おめでたいことでもありますが、長女のAちゃんと暮らせないことを『週刊文春』に告発したにもかかわらず、Bちゃんとも離れて暮らしていることに疑問を呈する声が殺到している状況ですね。

 実は業界関係者の間では、あびるさんのインスタグラムの投稿にも以前から疑問を呈する声が上がっていたんです」

 8月6日、あびるは「すっかり8月になりましたね しばらくインスタグラム更新滞ってしまいました」と切り出し「この間に、日々たくさんのメッセージありがとうございます。個人個人様に返信する事は出来かねますが、ひとつずつ大切に大切に拝読させて頂いてます」とAちゃんを巡る報道についても言及。

 その後は「そして、本日8月6日 @a_biru_official 1歳を迎える事が出来ました 日頃から支えて下さってるスタッフさん、愛用者さん、購入して頂いた皆様のおかげです」と続け、「心から感謝の気持ちでいっぱいです 久しぶりの投稿なのにすっぴんでごめんなさい またマイペースに更新します」と感謝を綴っている。

※画像はあびる優の公式インスタグラム『@yuabiru74』より

■「極秘出産報道」当日も化粧品をPR

 前出のワイドショー関係者が続ける。

「『A-birU』というのはあびるさんがプロデュースを手掛けるコスメブランドです。8月6日のインスタ投稿ではA-birUが1周年を迎えたことを報告し、関係者に感謝を述べたわけです。インスタにはコメントとともにあびるさんの自撮り写真、A-birUの商品を持ってアピールする動画もアップされています。

 実はあびるさんは以前にも“娘に会いたい”と注目を集めるような発信をした直後、化粧品の“案件”に関するインスタ投稿をしていたことがあったんです。業界関係者の間ではあびるさんの“本当の狙いはこれではないのか?”という見方も広がっているんです。

 つまり、子どもの話題で注目を集めてから“宣伝を出す”ということですよね。さすがにそんなことを狙ってしているとは考えたくはありませんが、“もしかしてそうなのでは”と以前からささやかれていて、今回の第2子極秘出産報道で“やっぱり……”となった人も少なからずいるんです」

 第2子出産を報じた『NEWSポストセブン』の記事が配信された8月17日夜にも、あびるはインスタグラムストーリーズを更新してA-birUの商品をPRしていた。

「この状況下にあっても、自身のコスメブランドのPRを怠らないんですよね。ある意味で仕事熱心とも言えますが……」(前同)

■“路上泥酔写真”を「結婚以前のもの」と完全否定したあびるだが……

 8月11日発売の『週刊文春』の取材に応じたあびるは『女性セブン』に掲載された「泥酔して路上で寝る姿」について、Aちゃんが生まれるどころか結婚以前のものと反論。「振り回した」とされる写真も、娘とじゃれている動画を静止画にしたものだとしている。

「あびるさんは泥酔写真を“今さら出てくるなんて……”と絶句するとともに完全否定していましたが、“振り回した”という写真についてはじゃれていたとだけ主張しているんです。ですが、Aちゃんとじゃれていたというのは深夜3時。小さな子どもをそんな深夜に起こして、じゃれていた言っても……。

 そういった点も重なり、業界関係はの間では以前から、あびるさんの主張、動きに疑問の声が出ていたんです。ただ、『週刊文春』と『女性セブン』に掲載された双方の主張は180度食い違っていて、問題解決にはまだまだ時間がかかるでしょう。Aちゃんのため、そして今回存在が明らかになったBちゃんのためにも早期の解決を迎えてほしいですよね」(同)

 あびるはAちゃん、そしてBちゃんという2人の娘と一緒に暮らすことを望んでいるのだろうか。今後の彼女の動向に注目が集まっている。

関連リンク

  • 8/18 11:15
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • ふーみ

    8/20 16:13

    え? 既に親権変更されてたの?で、第二子出産も実質育児放棄? 何で裁判所はあびるの方に親権変更認めたんだろうとしか思えないですけど…。

記事の無断転載を禁じます