11匹の猫で書かれた大文字! 猫ちゃんの「京都の五山送り火」がかわいすぎると注目を集めています

拡大画像を見る

去る8月16日は京都の夏の風物詩「五山送り火」の開催日。当日は雷雨で開催が危ぶまれていましたが、点火時刻直前にピタリと雨が止み、3年ぶりに五山すべてに文字や図形の火が灯され夏の夜空を美しく彩りました。

この「五山送り火」はお盆に帰ってきた先祖の霊を送り出す京都の伝統行事ですが、その中でも特に東山の大文字は印象的。大きく浮かび上がる“大”の文字は雄大で、一夜限りのイベントではあるもののその景色は京都のシンボルのひとつと言っても過言ではないでしょう。

(写真:PhotoAC)

そんな大文字が東山に浮かび上がっていた頃、Twitterではまた別の大文字が注目を集めていました。まずはその投稿をご覧ください。

猫大文字

五山の送り火
京都

こちらのツイートを投稿されたのは「キャットアパートメントコーヒー@元・町家猫カフェ」さん(@CatApartment)。添付されている写真では11匹もの猫ちゃんがきれいに整列し、それぞれが夢中になってごはんを食べているのですが、その列がなんと見事に大文字を描いているじゃないですか……!

実はこの写真自体は数年前に撮影され、過去にもTwitterに投稿されたことがあるそうなのですが、3年ぶりに全面点火された五山送り火をお祝いするかのようなタイミングで再投稿。何年経っても猫ちゃんたちのかわいらしさは色褪せるものでもありませんし、今回もたくさんのいいねやコメントを集めました。

・わぁ 大文字、遠方で見れないなぁと思っていましたが見れました
・これは生で見たかった
・見事な五ニャンの送り火ですね。
・お皿の置き方ひとつで、どんな陣形にもなれる猫さんたちですね
・キャットアートw
・可愛いすぎました 癒されます
・そんなことはしらずに、ただひたすら食べるにゃんこカワエエ
・ってか そんな送り火、御先祖様達、黄泉の国に帰りたく無くなるよ
・猫大文字 素晴らしいです
・「犬」の字になるのに、惜しい!と思ったのは私だけ?

五山送り火はまた来年まで見ることができませんが、猫ちゃんを11匹以上多頭飼いをされている方はもしかしたら自宅でも大文字を眺められるかも……!?

※写真提供:キャットアパートメントコーヒー@元・町家猫カフェ(@CatApartment)さん

(執筆者: ピータン)

関連リンク

  • 8/18 7:30
  • ガジェット通信

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます