「食リポが上手」「アンジャッシュのコントが見たい」アンジャッシュ・渡部建もランクイン!「いろいろあったけど、またテレビで活躍しているところを見たいと思う芸能人」第4位以下【ランキング】

拡大画像を見る

 本サイトでは10~30代の女性100人に「いろいろあったけど、またテレビで活躍しているところを見たいと思う芸能人」についてアンケート。トップ3は別記事で紹介したが、ここでは第4位以下の芸能人を見ていこう。

 第9位(4.0%)は、東出昌大、次長課長の河本準一の2人が同率でランクイン。

 杏と結婚して3児の父親だった東出だが、2020年1月に唐田えりかとの長期にわたる不倫が発覚し、杏と離婚。それまでは好青年という印象だったが、イメージは一気に悪化し、出演していたCMも打ち切り。いまだ以前のような活動はできていない東出には「人間としては好きじゃないけど、出演作品は好きだった。『コンフィデンスマンJP』はスペシャルや映画で見たいし、『ケイジとケンジ』はシリーズ化してほしかった。心を入れ替えて、猛省して、しっかり頑張ってもらいたい」(35歳/女性)、「演技派で、出演作品も好きだったので」(31歳/女性/公務員)、2012年に母親の生活保護不正受給問題が発覚し、メディア露出が激減した次長課長の河本準一には「面白いから」(39歳/女性)という理由を挙げる人がほとんどだった。

 第8位(5.0%)は、鈴木杏樹。

 2020年2月、女優で元宝塚のトップスター、貴城けいの夫、喜多村緑郎との不倫が『週刊文春』(文藝春秋)で報じられ、一時活動を自粛した鈴木には「そんなにひどい内容のスキャンダルとは思わないから」(37歳/女性)、「かわいらしい人なので」(39歳/女性/主婦)、「鈴木杏樹さんは男に離婚するからと言われそういう関係になったと思うので相手の男が悪いと思う。復帰してドラマでてほしい」(22歳/女性/学生・フリーター)など、同情的な声が続いた。

■アンジャッシュ渡部建は「法を犯したわけではない」

 第7位(6.0%)は、アンジャッシュの渡部建。

 渡部は、2020年6月に“多目的トイレ不倫”」が発覚し、芸能活動を自粛。『王様のブランチ』(TBS系)、『行列のできる法律相談所』(現在は『行列のできる相談所』、日本テレビ系)など、数々のレギュラー番組を降板した。その後、同年12月に記者会見を開き、騒動について謝罪し、芸能活動を自粛。今年2月5日、所属事務所が公式サイトで芸能活動を再開することを報告し、2月から千葉テレビのバラエティ番組『白黒アンジャッシュ』で、テレビ復帰をはたした。そんな渡部には、「おいしい店をたくさん知っていて、食リポも上手で分かりやすく、見ている人の興味を引く力があるから」(19歳/女性/学生・フリーター)、「アンジャッシュのコントが大好きだから」(25歳/女性)、「反省している感じだし、法を犯したわけではないので」(39歳/女性)という声が見られた。

 第6位(8.0%)は、ゴールデンボンバーの歌広場淳。

 2021年11月に20代女性との不倫が『週刊文春』(文藝春秋)で報じられた歌広場。記事によると、同年2月に相手女性の妊娠が判明するも、歌広場は認知を拒否。女性は切迫流産、妊娠中絶に至ったという。これを受けて、歌広場は11月10日に自身のブログで活動自粛を発表したが、同月、再び同誌で新たな女性問題が報じられ、7股疑惑でファンからも批判の声が相次いだ。歌広場には「ゴールデンボンバーは面白いから」(24歳/女性/デザイン関係)、「楽曲が好きなため」(33歳/女性/出版・マスコミ関係)、「キャラクター的に許してもらえそうだから」(26歳/女性/総務・人事・事務)などの理由が挙がった。

■山本裕典のドラマ出演を望む声も

 第5位(9.0%)は、山本裕典。

 山本は女性問題のスキャンダルが続き、イメージが悪化。2017年に「弊社とのマネージメント業務委託契約の内容に違反した」との理由で、当時の所属事務所が契約を解除、一時芸能活動を休止していた。山本には「イケメンで他にはないオーラを放っていたから」(33歳/女性/総務・人事・事務)、「演技が上手だから」(23歳/女性)、「青春時代に見てたドラマによく出ていたので、また見たい」(30歳/女性/研究・開発)、「よくドラマに出ていて応援していた」(29歳/女性/学生・フリーター)などの声があった。

 第4位(10.0%)は、江角マキコ。

 2017年に芸能界を引退した江角。その理由について、「子どもたちのために、今私にしかできないことを選択し専念する時期だったと考え、このような決断に至りました」と、代理人の弁護士を通じてファックスで発表した。江角は2014年に、当時所属していた事務所のマネージャーに指示を出し、長嶋一茂の家に落書きさせたと『週刊文春』(文藝春秋)が報道。江角はこれを否定したが、その後、仕事が激減したという経緯もある。江角には「モデルみたいにきれいでかっこいいので、また活躍を見たいです」(37歳/女性/総務・人事・事務)、「ドラマ『ショムニ』が好きだった」(35歳/女性/主婦)、「今の年齢だからこその演技を見てみたい」(37歳/女性)、「単純に好きなタレントだった」(27歳/女性/主婦)など、再びの活躍を望む声が続いた。

関連リンク

  • 8/18 6:30
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます