元西武・石毛宏典が明かした「日本シリーズ阪神戦」広岡達朗監督の「ムチャ振り怒声」秘話

拡大画像を見る

「僕らの中では、マークは石毛だ!」

 阪神タイガースが21年ぶり7度目のリーグ優勝を決め、2リーグ制になってから初の日本一に輝いた85年の日本シリーズ。対する相手は西武ライオンズだった。

「阪神-西武戦」において、阪神ナインが最も警戒していたのは西武のチームリーダー・石毛宏典氏だったと回想したのは、「ミスタータイガース」の掛布雅之氏。8月12日に石毛氏とともに出演したYouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉でのことだった。

 85年の石毛氏は、プロ入り後初めて全試合(当時は130試合)に出場、27本塁打、76打点の活躍を見せ、二塁打「27」はリーグトップだった。

 日本シリーズでもその勢いはとどまるところを知らず、第2戦でソロホームランを放つと、続く第3戦でも2ランホームラン。

 しかし、2勝2敗のタイスコアとした第5戦で、石毛氏は6回裏の守備でショート後方の打球を追いかけ、左翼手と激しく交錯し、右ひざを痛めてしまう。

「ひざがプラプラしてましたね」

 そう回想する石毛氏。ところが、当時の広岡達朗監督はこう言い放ったという。

「出られるのか出られないのかどっちなんだ!」

 とっさに言い返す石毛氏。

「出られます」

 すると広岡監督は、

「トレーナー、テーピングしとけ! 出ろ、お前!」

 強引な出場命令が下されたのである。

 結果的に石毛氏は第6戦で今シリーズ3本目となるホームランを放つなど大活躍で、西武の中で唯一の敢闘賞を受賞したのだった。

(所ひで/ユーチューブライター)

関連リンク

  • 8/17 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます