新外国人に嫉妬? 巨人の守護神・大勢が小林誠司に要求した「アツい行為」

拡大画像を見る

「新人王」と「セーブ王」の2冠に挑む巨人の新守護神・大勢。8月14日、東京ドームで行われた対広島戦で9回のマウンドに上がると、15球で打者3人を片付け、ヤクルトのスコット・マクガフに並ぶ28セーブ目を挙げた。

 その大勢、バッテリーを組む小林誠司に「あるお願い」をしていたそうだ。8月14日のYouTubeチャンネル〈読売ジャイアンツ〉で告白している。

 きっかけは8月6日、神宮球場で行われた対ヤクルト戦。巨人のイアン・クロールが来日初セーブを挙げると、キャッチャーの小林と“ハグ”で喜びを分かち合った。これを見た大勢、「え? オレしてもらったことないねんけど」と疑問に思い、「誠司さんに写真見せて、ボクもコレしてもらっていいですか?」と要求したのだという。
 
 そして8月10日、バンテリンドームで行われた中日戦で27セーブ目を挙げ、大勢の願いが叶うことになる。
 
 小林が言うには、勝利後の大勢はいつもハイタッチを求めるため、ハグする間もないのだとか。10日の試合でも大勢はハイタッチに行きかけるも、とっさにハグに切り替えたそうだ。

「ぜひ、大城(卓三)さんも、岸田(行倫)さんも、皆さん、ボクとハグして下さい」

 巨人の女房役の面々に熱いコメントを口にした大勢。
 
 ちなみに、小林の熱い抱擁は、大勢が10日に公開したインスタグラムに掲載されている。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 8/17 6:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます