HIKAKIN、不審者侵入時の状況&犯人との会話明かす「目に焼き付いた」「ゾッとしました」

【モデルプレス=2022/08/16】人気YouTuberのHIKAKINが16日、自身のYouTubeチャンネルにて生配信を実施。14日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された、UUUMが主催するオフラインのゲームイベント「オールスター大運動会@代々木競技場」の開催中に起きた事件について言及した。

◆HIKAKINに不審者が接触

14日に行われたイベント中、傘をさした男性が壇上に乱入しHIKAKINに接触。イベント終了後、所属事務所は当時の状況説明をし、本人はTwitterで怪我など一切なく無事であることを報告していた。

◆HIKAKIN、不審者接触時の状況を説明

HIKAKINは「イベントで不審者に接触された件、無事でした。ご心配ありがとうございます」と題し、YouTube配信を実施。「まず無事でした。擦り傷ひとつないです。(首を)グーっととやられたんですけど、大きなケガとか痛くなったとかはない。ご心配ありがとうございます」と説明した。

この出来事に対し「忘れることはできないかもな。一生目に焼き付いた」とするも「こういうのに弱いタイプではなかったみたいで…おかげさまで普通の仕事ができています」とメンタル面も無事であることを報告。また「良くないんですけど…僕でよかった。密着されたのは僕だけだった」とし、イベント来場者の無事を安心する様子を見せた。

当時の状況については、ゲームのイベントだったこともあり集中していた為、HIKAKINが犯人に気付いた時には、横にいるという状況だったそう。傘を持った男を目にした際「80%くらいまずいことが起きていると感じた」と、当時の心境を明かした。

会話については「マイク貸してよ」と犯人に声をかけられ「演者の方ですか?」と2度確認したHIKAKIN。「マイクで変なことを叫ばれたらまずい」と判断し、マイクは貸さなかったそう。

今回の事件を振り返り「ゾッとしました」とするも「本当にケガ人がいなくてよかった」と安心。今後、このような事件が起きないよう再発防止に努めるとしている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/16 11:41
  • モデルプレス

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます