宮迫博之、約4年ぶり地上波復帰にやっぱり逆風…なぜ許されない?

拡大画像を見る

 2023年3月に千葉テレビにて、ボディメイクコンテスト「美バ−1グランプリ」シーズン2が放送される。このコンテストの総合司会は元雨上がり決死隊の宮迫博之さん。およそ4年ぶりの地上波復帰ということになる。

 このニュースを受けて、世間はやはり批判の声が多く宮迫さんにとってはまだまだ逆風が強い中の発表となってしまった。

 今回は宮迫さんは何故まだ逆風が多いのか、それと地上波復帰について元芸人として見ていきたい。

 あの闇営業問題から3年以上の月日が経ち、民放局へ出演する機会も無く、その分YouTubeで動画配信を頑張っている宮迫さん。正直十分すぎるほどの批判を受けていると思われるが、なぜここまで許されないのか。

 それは宮迫さんの”芸風”が大きな理由だろう。

 元々、雨上がり決死隊のボケという位置付けだったが、いつからかボケでは無くツッコミ側の立ち回りをするようになっていき、闇営業が起こる直前辺りはほぼボケることはなく、MCとしてツッコミ、そして場を回すという立場になっていた。宮迫さんに限らずMCというのは少なからず、偉そうに見えてしまうものである。逆を言うと偉そうに見えても良いMCがいる。それは視聴者自身がそのMCを、“ほかの出演者より上”だと自覚している場合だ。

 例えば、さんまさんやタモリさん、たけしさん所ジョージさん、少し下世代だとダウンタウンさんなどがそれにあたる。この人たちはほとんどの場合、ほかの出演者より芸歴や立ち位置が上なので、偉そうというより偉いので、偉そう見えることに違和感はない。だから問題が無いのだ。

 ではその下に位置するMC陣、宮迫さんやくりぃむしちゅーの上田さん、ネプチューンの名倉さん、少し下だとバナナマンの設楽さんなどの場合、一歩間違うと偉そうに見えてマイナスになってしまう……。だがしかし、宮迫さん以外のMC陣はあまり偉そうに見られない。

 まずネプチューンの名倉さんの場合、横に堀内健さんというボケの化け物がいて、名倉さんを振り回しめちゃくちゃにする。そのお陰で名倉さんの可愛らしい部分が見えて偉そうには見えない。

 続いて上田さんと設楽さん、このお二人はとても似ていて、元々ボケ要素が強い。なので、自分から笑いを起こすことによりバカにされる隙を作り、立ち位置を微妙に下げることが出来る。さらに相方の有田さんや日村さんはツッコミやフリが出来るので、上田さんや設楽さんを追い詰めることができる。お笑い的に追いつめられると、先ほど出来た隙をさらに広げることができ、そうなると可愛らしいポンコツに見せることができるのだ。

 つまり名倉さん同様このお二人も、可愛らしく見えるので偉そうには見えないということになる。

 では宮迫さんの場合はどうなのか?

 宮迫さんは芸人や視聴者の認識として、やはりボケの人間というのがあるので、本来のボケの位置より少しでも上になってしまうだけで、どうしても偉そうに見えてしまう。さらに宮迫さんは蛍原さんより強い立場におり、蛍原さんが追い詰めようとしてもそれを撥ね退けるという芸風の為、追いつめられることが無い。そうなると隙がなくなってしまい可愛らしく見せることが難しい。

 では、相方ではなく先輩や後輩に追い詰められた場合はどうなのか? 上記の可愛らしく見えるMCさん達なら、追い詰められたままヘラヘラしていれば終わるのだが、宮迫さんの場合”ボケ”という立場もしょってる為、何か笑いを起こさないと終わりにならず、しかも宮迫さんの場合可愛らしい顔をして落とすというボケではなく、言葉で落とすタイプのボケなので、何かしら言い訳をして落とすというパターンになる。言い訳は、笑いが起きたとしても可愛らしく見えることはない。可愛らしく見えないということは、自分の立ち位置を下げることが出来ず、結局のところ偉そうに見えてしまう……というわけだ。

 YouTubeで動画を配信している今も、その芸風は変わらない。

 スタッフさんにバカにされるような場面があったとしても、最終的に自分で笑いを起こすことで終わらせたいが前面に出てしまい、言い訳のようなボケで終わる。そうなると、テレビでMCをやっていた頃と変わらず、可愛げが見えない。可愛げが見えないと、いつまで経っても悪役のままなのだ。

 同じ時期に問題を起こしたロンドンブーツ1号2号の亮さんは、世間的にもテレビ的にもとっくに許されている。これは相方との関係性、その後の行動などもろもろの要因はあるが、やはり亮さんのほうが圧倒的に可愛げがあり、偉そうに見えないことで許される時期が早まったのではないだろうか。

 宮迫さんが10反省したとしても、キャラクター的に5くらいしか伝わらず、その後1調子に乗ってしまうと8調子に乗って見えるので、反省していないように感じてしまうのだ。

 勢いに乗っているときならこれほど頼もしいキャラクターはいないのだが、勢いが収まったときにこれほど扱いが難しいキャラクターもなかなかいない。宮迫さん自身が自分のキャラクターの扱いがわからず、どうしていいのか戸惑っているようにさえ見えるときがある。

 しかしそんな宮迫さんを地上波復帰させる千葉テレビ。

 賛否両論あるかもしれないが、これはテレビから離れてしまった芸能人たちへの希望になったのではないだろうか?

 今回、宮迫さんが地上波に復帰した方法はいささか特殊で王道ではない。本来ならテレビ局から番組のオファーを受け、それを承諾しテレビ番組に出演するというのが一番オーソドックスな地上波復帰の形なのだが、宮迫さんの場合、まずボディメイクコンテスト「美バ−1グランプリ」シーズン2の総合司会のオファーがきて、それを承諾し、そしてそのコンテストを千葉テレビが放送するということで地上波復帰となっている。

 つまり総合司会が宮迫さんでなくても、千葉テレビはこのコンテストを放送したはずだ。なので、宮迫さんは地上波へラッキーというか、たまたま偶然が重なり復帰を果たすということになる。宮迫さんもまさかこんな形で復帰をするなんて思っていなかっただろう。この方法はやろうと思ってもなかなか出来るものでは無い。

 これが地方局でなくキー局だった場合、総合司会変更の打診がコンテストの方へ行く可能性がある。もし総合司会が変わらない場合、編集で総合司会がいないことにだって出来る。編集が難しければ放送自体を見送る事だって出来る。キー局が本気を出したらなんだって出来るのだから。

 ちなみに余談だが、編集で出演者をいなくさせることが出来るという話をよく聞くが、本当にそんなことが出来るのかどうか?

 答えはYESだ。

 僕が芸人の頃出演した番組で、ある芸能人の方がある犯罪で捕まってしまったことがあった。その番組は芸能人がたくさん出演し、長時間収録するものだったので、再度収録するというのがとても難しいものだった。一体どうなるのかと思いながらオンエアを見てみたところ、見事にその芸能人が映っている部分だけが使われておらず、そこに居たことが嘘のように綺麗にいないものとなっていた。それを見た瞬間、テレビというのは目立たせることも、いなくすることも編集次第なのだということを痛感した。

 話を元に戻そう。

 テレビ至上主義という芸能人が減りつつある今でも、やはりテレビという存在は大きく影響力は強大であり、タレントはテレビに出てなんぼである。

 そんな中、偶然とはいえテレビ界を追放された芸能人が出来る、地上波への復帰方法を宮迫さんは提示したのだ。

 正直コンテストのオンエアはまだ先の話で、宮迫さんがどの程度露出するかはわからない。もしかしたら全く、映っていない可能性もある。だが今までのように何も手段が無く、ただ芸能界から引退していく人たちからすれば明らかに一筋の光明が差したに違いない。

 今の時代サブスクに出るという手もあるが、正直なところサブスク自体が今やテレビと共存しており、テレビで人気の芸能人たちのもうひとつの主戦場として使われ始めている。テレビに出ている芸能人たちがサブスクに出るのなら、テレビに出られない芸能人たちがテレビに出ても良いではないか。

 テレビ界を追放された人たちが、芸能人として存在出来ているという不思議な時代に、宮迫さんのような不思議な地上波復帰は必然だったのかもしれない。

 果たしてどの程度、宮迫さんがテレビに映っているのか。今から楽しみである。

 

 

  • 8/16 7:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • TAMAちやん

    8/17 10:02

    そもそも被害者ではない人達が「許さない」と言ってるのもおかしな話なのだけれど許さないと騒いでる人と興味なく「どうでもいい」と思ってる人が一緒にされてアンチと呼ばれている今の世の中では許してもいいという人達が多くなるというのは難しい。有名税じゃないが、やったことが世間に知れ渡ってしまい批判受けてる訳で、同じような事しても有名じゃないので身内だけしか知ることなく普段通り過ごしてる一般人は沢山いる。

記事の無断転載を禁じます