山﨑武司「セ・パ本塁打王達成の仰天内幕」今だから話す「田尾監督への不信感」

拡大画像を見る

「田尾監督ともすごい思い出があって…」

 こう述懐するのは、セ・パ4球団を渡り歩いた山﨑武司氏。8月8日に東海テレビのYouTubeチャンネル〈【東海テレビ公式】ドラHOTpress〉に出演してのことだった。

 山﨑氏は中日時代の96年と、楽天時代の07年に本塁打王を獲得している。セ・パ両リーグで本塁打に輝いたのは史上3人目の快挙であり、11年もの歳月を経て2度目のタイトル獲得はまさに偉業だった。

 その山﨑氏が快挙達成の理由として挙げたのが、05年に楽天の初代監督に就任した、田尾安志氏の影響だった。

 山﨑氏が、オリックスから楽天に移籍したのも05年で、

「田尾さんにずっとダメ出しされましたね、バッティング…。『武司、それじゃ絶対打てないよ!』って」

 しかし田尾監督の「引きつけて打て!」の指導にしっくりいかず、不信感まる出しでこう反発したという。

「監督のやり方してたら前に飛ばないっスよ!」

「いいから、それやりな!」

 こんなやり取りがありながら、シーズンも6月を過ぎたころ、ある打席で気づいたことがあったという。

「差し込まれたと思って、『あ〜、ダメだ〜』と思って、振るっていうイメージよりも回すイメージで打ったんですよ。そうしたらホームラン打てたんですよ。それが分岐点になったんですね。やぶれかぶれなことやって、ちょっと感じを掴んだっていうのがあるんで
すけど…」

 その2年後、山﨑氏はセ・パ両リーグでの本塁打王を達成することになる。

「ボクは田尾さんに足向けて寝られない」

 山﨑氏がそう語ったのも当然かもしれない。

(所ひで/ユーチューブライター)

関連リンク

  • 8/16 6:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます