「ちょっとヤバイなこれ…」マネージャーが焦った夏菜のバスタイム動画

拡大画像を見る

 8月8日、女優でタレントの夏菜が、YouTubeチャンネル〈なつなかん‐夏菜YouTubeチャンネル‐〉で公開したのは、主演を演じるドラマ「個人差あります」(フジテレビ系)の撮影風景や、裏側を探るメイキング的な内容である。

「お待たせしました」とカメラを回す男性マネージャーの呼びかけに「お待たせしすぎたかもしれません」とバスローブ姿で受けた夏菜。Netflixでドラマ化された、あの「全裸監督」での村西とおる監督役、山田孝之のキメ台詞である。

 白いお湯を張ったバスタブに浸かるシーンでも、男性マネージャーが「お待たせしすぎたかもしれません」。ただ、

「ちょっとヤバイな、これ…」

 白いチューブトップを着用していても、見かけ上はスッポンポン。「事務所的に…」と気を揉む男性マネージャーだった。

(所ひで/ユーチューブライター)

関連リンク

  • 8/15 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • ↓なるほど(笑)アサ芸関連がやりそうなことですね。

  • おやぢ

    8/16 17:44

    ヤラセ記事っていうか、ユーチューブライターとか名乗っているから、現実の事務所だのマネージャーだのにはそもそも取材してないんじゃ…

  • 全面的にそういう内容のドラマです。出演を決めた以上、ある程度の覚悟はあったのではないでしょうか?って、マネージャーならそんなことわかっているはずだから…この記事がヤらせなのかな?

記事の無断転載を禁じます