【仏・ジャックルマロワ賞結果】英インスパイラルがG1・3勝目、バスラットレオンは逃げるも7着

拡大画像を見る

 現地時間14日、フランスのドーヴィル競馬場で行われたジャックルマロワ賞(3歳上・牡牝・G1・芝直線1600m)は、中団でレースを進めたL.デットーリ騎手騎乗の1番人気インスパイラル(牝3、英・J&T.ゴスデン厩舎)が、レース後半で抜け出し、2着の8番人気ライトインファントリー(牡3、英・D.シムコック厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒07(稍重)。

 さらにクビ差の3着に5番人気エレヴァン(牡3、仏・JC.ルジェ厩舎)が入った。2番人気コロエバス(牡3、英・C.アップルビー厩舎)は5着に終わった。

 坂井瑠星騎手とのコンビで参戦した6番人気バスラットレオン(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)はハナを切るも、後半伸び切れず7着となった。

 勝ったインスパイラルは、父Frankel、母Starscope、その父Selkirkという血統の英国産馬。昨年のフィリーズマイル(英G1)、今年のコロネーションS(英G1)に続くG1・3勝目となった。通算成績はこれで7戦6勝。L.デットーリ騎手とJ&T.ゴスデン厩舎のタッグは20・21年の同レースをパレスピア(Palace Pier)で制しており、3連覇の達成。

※人気は日本国内のもので表記しています。

関連リンク

  • 8/14 23:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます