羽生結弦の動画生配信コメント欄が「中国語ばっかり」で露呈した日本人気との「温度差」

拡大画像を見る

 フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌冬季五輪2連覇の羽生結弦が8月10日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「SharePractice」と題した公開練習をライブ配信した。

 正午にスタートした生配信は開始直後から約6万人以上が視聴し、すぐに10万人を突破。ネット上では「これは超うれしい配信! 羽生くんありがとうございます!」「昼休みに見ることができました。ウォーミングアップから目が離せませんでした」「鬼気迫るものを感じて試合のように応援してました!! 疲労の中で最後までノーミス、震えました」などと大きな反響が寄せられた。

 しかし一方、YouTubeチャンネルのコメント欄はというと、なぜか日本語よりも中国語が圧倒的に多かったことで、「羽生結弦って人気あると思ってたんだけど、ファンのほとんどは中国人?」「日本人の羽生ファンって一部の女性だけなのか。あとはほとんど海外の人みたいだな」「コメ欄見る限り、日本人の男性ファンなんてほとんどいないのでは」などとザワつく事態となっていた。

「羽生といえば、7月19日に競技者としての引退を表明した直後、緊急特番としてテレビ朝日系で放送された『羽生結弦 感動をありがとう~終わりなき挑戦~』が世帯視聴率3.9%と大爆死していたことが話題になりました。今回の配信は8月11日の時点でアーカイブを含め再生回数が152万超と、さすがの人気ぶりを見せていますが、確かにコメント欄はほとんど中国語と英語で埋め尽くされている。日本での注目度はそう高くはないのかもしれませんね」(エンタメ誌ライター)

 そうした日本と海外の羽生人気の「温度差」はファンの間で知られていたことかもしれないが、今回、初めて配信を見た視聴者はかなりビックリしたのではないか。

(ケン高田)

関連リンク

  • 8/14 9:58
  • アサ芸プラス

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

3
  • 日本では、うそつき仮病野郎がばれてるからでは?

  • 日本の人口と中国の人口が幾ら違っているか分かって書いているねか😭😭書いた人恥ずかしいなあ😭😭

  • 中国の方が多いのは事実かもしれませんが、人口数を考えた時に多いのは当たり前かなぁと…。東日本大震災で被災した時、私は、羽生君の演技で元気をもらいました。

記事の無断転載を禁じます