冨安健洋からも“刺激”を受け…三笘薫、定位置確保へ「自分の価値を証明していくしかない」

拡大画像を見る

 今夏からブライトンに所属する三笘薫が、レギュラー定着への意気込みを示した。12日にクラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 現在25歳の三笘は、大学卒業後に加入した川崎フロンターレで鮮烈な活躍を残し、2021年夏にブライトンへと完全移籍。2021-22シーズンは姉妹クラブのユニオン・サン・ジロワーズに1年間の期限付きで加入すると、公式戦29試合の出場で8ゴール4アシストを記録した。今夏にブライトンへと合流し、プレシーズンマッチでは得点も記録した。7日に行われたプレミアリーグ開幕節のマンチェスター・U戦ではベンチ入りしたものの、公式戦デビューはお預けとなっている。

 ブライトンのクラブ公式インタビューに臨んだ三笘は、まず新しいチームについてコメント。「すごくチームにフィットできているというか、チームメイトも素晴らしい選手が多く、スタッフも優しい人が多くて、すごく馴染めていると思います」と、新天地で快適に過ごせていることを明かした。

 ユニオンSGで過ごした1年間については、「自分自身も素晴らしいシーズンを送れましたし、少しでもヨーロッパのサッカーに馴染めて成長できたと実感しています」と手応えを示した。また、今年3月に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選のオーストラリア代表戦にも言及。途中出場から2得点を挙げて7大会連続となる本大会出場に導いた三笘は、同試合での活躍を次のように振り返っている。

「そのゴールがキャリアの中でも一番大きなゴールだと思いますし、そのゴールによって、自分もブライトンに来れたというところもある。自信をつけてくれたゴール。(プレーしたのは)10分でしたけど、かけがえのない10分でしたし、自分の価値を証明することができた試合だと思います」

 ブライトンを率いるのは、イングランド屈指の戦術家として知られるグレアム・ポッター監督。「戦術的にも考えている人だと思います。ミーティングを聞くたびに自分自身もいろんなことを吸収できるので、素晴らしい監督の下でプレーできるというのはすごく名誉のあることです」と指揮官の手腕を称賛した三笘は、本拠地『アメックス・スタジアム』でのプレーを心待ちにしている。

「あんなにデカいスタジアムでやったことはないですし、ほぼ満員が入って素晴らしい雰囲気の下、素晴らしいサポーターの下でプレーするのはすごく楽しみなことです。そこでしっかりとプレーができるよう、自分の価値をチーム内で証明していくしかないかなと思っています」

 インタビューの最後では、昨季からアーセナルでプレーする日本代表DF冨安健洋について問われた三笘。「冨安選手も去年からプレミアで活躍されていて、僕もすごく刺激を受けていますし、自分もこういったレベルの中でやりたいとはすごく思ってきた」ことを明かし、冨安との直接対決に向けては、「マッチアップする可能性もあると思いますし、日本の皆さんにそこを楽しんでもらえたらなと思っています。もちろん、勝負では勝ちたいと思っています」と意気込みを示した。

 ブライトンの次戦は日本時間13日23時から行われ、ホームでニューカッスルと対戦する。なお、アーセナルとは12月31日、2023年5月13日に対戦を予定している。


【動画】三笘薫がブライトン加入後初のロングインタビュー


関連リンク

  • 8/12 23:49
  • サッカーキング

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます