ユーヴェがコスティッチ獲得を発表! 4年契約、移籍金は約16.5億円+ボーナスに

拡大画像を見る

 セルビア代表MFフィリップ・コスティッチが、フランクフルトからユヴェントスに完全移籍した。12日、両クラブが公式サイトで発表した。

 コスティッチとユヴェントスは、2026年6月30日までの4年契約を締結。同クラブの発表によると、フランクフルトに支払う固定の移籍金は1200万ユーロ(約16億5000万円)となり、、所定の条件を達成した場合に最大で300万ユーロ(約4億1000万円)のボーナス支払いが発生する。さらに、国際サッカー連盟(FIFA)の規則で定められている連帯貢献金として、最大150万ユーロ(約2億円)の付随費用が発生する可能性もある。

 左サイドを主戦場とするコスティッチは現在29歳。母国のラドニチュキ1923でデビューを飾り、その後フローニンゲン、シュトゥットガルト、ハンブルガーSVを経て、2018年夏からフランクフルトでプレーしていた。フランクフルトでは公式戦通算172試合に出場し、高精度・高威力のキックを武器に数々のチャンスを演出。33ゴール64アシストを記録し、昨季のヨーロッパリーグ優勝に大きく貢献した。

 また、2015年にデビューを飾ったセルビア代表では、これまで48キャップを数えている。同胞のFWドゥシャン・ヴラホヴィッチらに続き、白黒のユニフォームに袖を通す史上7人目のセルビア人選手となった。

関連リンク

  • 8/12 21:45
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます