フォーリンラブ・ハジメ、妻の第1子妊娠を発表 6年の不妊治療を経て…相方バービーも祝福

【モデルプレス=2022/08/12】お笑いコンビ・フォーリンラブのハジメが12日、自身のYouTubeチャンネルにて、妻の第1子女の子の妊娠を発表。相方のバービーも自身のYouTubeチャンネルにて祝福した。

◆ハジメ、妻の第1子妊娠を発表

出産予定日は11月を予定しており、現在妻は安定期に入り体調も落ち着いている。

ハジメ自身30才で結婚をしてからなかなか妊娠の兆候がないこともあり、男性不妊の専門クリニックで治療を開始。人工授精や精索静脈瘤手術、顕微授精などを得て金銭的にも厳しく、最後の治療になる可能性もあったが、最終的にPGTA検査を受けて染色体に異常の無い受精卵を移植し、妊娠することができた。

◆ハジメ、第1子の妊娠に感動

ハジメは「6年間の不妊治療は私達夫婦にとって辛く厳しい日々でした。2年前に1度妊娠が発覚したものの、その後稽留流産となり、『こんな思いをするなら治療を続けることも考え直そうか』と話し合ったこともあります」と振り返り、「そういった経験を経て、この度ついに授かった命に嬉しすぎて感動してうまく言葉が出てこないというのが正直な気持ちです。早く元気な赤ちゃんの顔を見れる日を夫婦共々楽しみにしております」と語っている。

さらに、相方のバービーは「我がフォーリンラブから遂に2世が誕生することになって、とても楽しみです。後継者不足に悩んでいましたが、これでフォーリンラブは安泰です。ゆっくり体を労わって出産に望んでね!おめでとう!」と祝福のメッセージを寄せた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/12 15:00
  • モデルプレス

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます