旅先でのアンラッキーな出来事“あるある”

拡大画像を見る

 お盆休みの間、どこかに出かける人も多いのでは? でも、旅行ってなぜかアンラッキーな出来事がよく起きますよね。そんな“あるある”をみていきましょう。

■履きなれない靴で行ってしまう

 履きなれない靴で旅行に出てしまい、足がいつもよりくたびれたり靴ずれを起こしたりすることってありますよね。そんなとき、「なんでこんな靴で来たんだろう」と深く後悔するのはよくある話です。

■「駅から近く」にだまされる

 観光スポットのアクセス情報に、よく「駅から近く」という表記があり、それを信じて出かけたところ、徒歩で行けると思いきや実はバスで30分かかる距離だったなんてことはよくあること。観光スポットの位置と最寄り駅までの距離は、事前にしっかりと確認しておきたいものですね。

■連日の雨降りで途方に暮れる

 毎日雨降りで、せっかくの旅行が台無しになることってありませんか? 屋内でも楽しめる予定に変更できればいいですが、なかなかそううまくはいかないものです。

 旅行の失敗談、振り返れば笑い話になりますが、実際に直面するときついものがありますよね。この夏、しっかり計画を立ててよい旅を!

関連リンク

  • 8/12 7:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます