坂口杏里、YouTube改名で「もう離婚した?」の声! “夫の不満”をSNSでぶちまけた芸能人、その後

 元タレント・坂口杏里が8月7日、インスタグラムのストーリーズ(24時間限定公開)を更新。6月に入籍した夫・進一さんが、自身が営むバーと思しき店内で暴れている映像を公開し、物議を醸している。

 坂口は、進一さんが「マジでむかつく」「オレ、ホストじゃねえから!」などと言いながら店内で暴れる様子を投稿。別の動画では、路上に散乱した紙などを集める進一さんに、坂口が「マジ恥ずかしいから、やめてくんない?」と声をかけ、進一さんが「自分のこと棚に上げてしゃべんのやめな? お前もそうだったんだぞ」「帰れ。早く帰れ」と言い放つ様子も見て取れる。

 加えて、坂口は「お金の貸し借りが夫婦じゃない」(原文ママ、以下同)、「彼は私と付き合う前から消費者金融など全てブラックの方みたいです。今回は個人でやっている金融機関の方に借りるみたいです」「金融機関の方と三者面談みたいにして杏里が借りた方が早く約40万円帰ってくるよと言われ」などと夫婦間の金銭トラブルをほのめかし、「これが本当の本性です」「私は全然幸せではありません」などとつづっていた。

「坂口は7月13日にも『15万円の売り上げバックも今だに返してもらってません』『残りの6万円が足りないという事で、6万円渡しました』などと進一さんとの金銭トラブルを示唆し、『離婚するまでが主婦なんで』と離婚を匂わすような投稿をしていたため、ネット上では『またか……』と冷めた反応も目立ちます」(芸能記者)

 “痴話喧嘩”として軽視するネットユーザーも少なくないようだが、坂口は同16日に「次同じ事したら離婚です。離婚届も書いてもらいました」と投稿しており、いつ離婚してもおかしくない状況なのかもしれない。

「坂口と進一さんのYouTube夫婦チャンネルが、“毎日投稿”を掲げながらも8月6日で最後がストップしていることや、チャンネル名が以前の『坂口杏里と旦那の日常』から突如『坂口杏里ちゃんねる』に変更されたことから(10日現在)、『もう離婚したの?』と心配するファンも見られます」(同)

 そんな坂口の行動に対し、ネット上では「夫婦の問題を、なぜわざわざ世界に発信するのか……」「お相手は一般人なのに、ケンカのたびにこんなことされたらたまらない」「『私は男を見る目がありません』って言ってるようで、恥ずかしい」と疑問の声が上がる一方で、「SNSにぶちまけることで夫婦間のストレスが解消されるなら、それはそれでいいのかも」「坂口杏里みたいに夫が見てるアカウントでやるのは意味不明だけど、裏アカでやるなら理解できる」と一定の理解を示す声もあるようだ。

 新婚早々、不穏な話題を振りまいている坂口だが、これまでも夫の失態や不満をSNSやブログにつづり、物議を醸した女性芸能人は少なくない。

「2012年に一般人男性と結婚したタレントの熊田曜子は、手料理の写真とともに『夫がご飯をいると言ったのに食べてくれない』と何度もSNSで訴えていました。さらに、姑に関しても『明日一緒に夕食を食べましょうというお姑さんからのお誘い。予定が入っているし義家族と会う約束は別日にあるからお断りしたらめっちゃ怒られた しかも朝から私の実母に私のダメ出し電話1時間』と報告。その後は、ご存じの通り、昨年5月に夫が熊田に対する暴行容疑で現行犯逮捕されたのを機に、泥沼の離婚協議へと突入しました」(同)

 熊田と同じく日常生活で起きた出来事をつづったのは、元AKB48・前田敦子のモノマネでブレークしたピン芸人・キンタロー。。昨年5月、「旦那に強い怒り。」というタイトルでブログを更新し、夫が洗濯機に紙オムツを入れ、それを知らずに洗濯してしまったと報告していた。

「キンタロー。は、紙オムツ内の吸水ポリマーがほかの洗濯物に付着してしまったことが許せなかったようで、『犯人は旦那である』『よくも余計な仕事増やしたなと怒りが込み上げてきた』などと怒りを爆発。一部のママから共感を呼ぶ一方で、『旦那さん、失敗をブログで晒されてかわいそう』『もう一度洗い直せばいいだけ』『こんなのよくある“子育てあるある”だし、旦那さんもわざとじゃないでしょ』と疑問の声が相次ぎました」(同)

 また、昨年8月に自身のマネジャーと結婚した歌手の華原朋美は、今年4月に突然「あぁ~あ~、、坂上忍さんみたいな男性と結婚したかったなぁ~」とTwitterに投稿。続けて、「実は先日私の大切なファンの方に主人が傷付けました。私にプレゼントを渡したいと思い主人に声を掛けたら、手を使ってシッシッてあっちいけみたいな行動をこの一年半の間とっていたことが分かりました」「そんな主人の行動に対して決して許す事はできません」などと怒りをあらわにした。

「その後、5月に『週刊文春』(文藝春秋)が、夫が過去の婚姻歴や3人の子どもの存在を隠したまま華原と結婚していたことなどを報じ、夫婦仲が心配されてきました。しかし、今月には香川県で楽しそうに食事をしている様子をYouTubeにアップしていて、ファンを安堵させたようです」(同)

 私生活を切り売りするタイプの芸能人にとって、欠かせない発信ツールといえるSNSやブログ。“夫の不満”は話題性が高いものの、炎上を招く可能性もあるため、投稿には慎重さも必要といえそうだ。

  • 8/11 16:00
  • サイゾーウーマン

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます