【難読】“じゅうちん”じゃない?「充填」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「充填」の読み方です。

“じゅうちん”かな? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「充填」の読み方は?

「充」は、充実、充電と読むので“じゅう”という読み方は馴染みがありますよね。「填」は、「墳」や「鎮」と似ているので、“ふん”や“ちん”と読むのかな、と思った人もいるかもしれません。

でも、二つを合わせて“じゅうふん”や“じゅうちん”とは読みませんよ。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“じゅうてん”と読みます。

■「充填」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「充填」の意味は以下のように解説されています。

じゅう‐てん【充塡】

[名](スル)欠けているところや空いているところに、ものを詰めてふさぐこと。「銃に弾丸を―する」

欠けているところや空いている空間にものを詰めて塞ぐことを表す言葉になります。

「充」は「満たす」、「填」は「塞ぐ」という意味合いの漢字なので、まさに字のとおりの意味の言葉ですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「充填」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。聞いたことはあっても、漢字はピンと来なかった人もいたのではないでしょうか。

辞書で調べると「充塡」と出てくるので、「充填」と何が違うの?と思った人がいるかもしれませんが、どちらも同じ意味で同じ読み方です。違いが気になる人は、ぜひ調べてみてくださいね!

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 8/11 17:00
  • マイナビウーマン

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます