へずまりゅうに負けた!!ガーシー「ひろゆきの妻攻撃」発言で日本中から総スカン!秋の臨時国会「全休なら議員クビ」、「ネトフリの2倍」高額オンラインサロンに超スベリ気配…令和のダークヒーロー「完全終了危機」の“三大爆弾”!!

拡大画像を見る

「ガーシーこと東谷義和氏(50)に、いよいよ“完全終了”の気配が漂ってきていると言えそうですよ」(夕刊紙デスク)

 2022年2月、YouTube界に突如降臨。トップ芸能人の知られざる裏の顔を暴露する“暴露系YouTuber”として瞬く間に大人気を博し、ついには参議院議員にまでなった東谷氏。そんな令和のダークヒーローに迫る“終焉危機”とは――。

 8月5日、ネットの“論破王”として知られるひろゆき氏(45)が東谷氏について「詐欺の逃亡犯が名誉毀損をして金稼いでる動画に広告を載せたいクライアントが居るわけないでしょ、、、」と自身のツイッターにつづった。

 その後もひろゆき氏は東谷氏への批判的な発言をたびたび投稿。一方、東谷氏は8月6日、暴露本『死なばもろとも』(幻冬舎)の担当編集者・箕輪厚介氏(36)のYouTubeチャンネルの配信に電話で登場。

  東谷氏は、ひろゆき氏からの攻撃にイライラした様子で「俺と違って奥さんいるからね、アキレス腱あるからあいつは。そこ攻められたらあいつは終わってまうから絶対に」「お前の奥さん狙った方が俺は楽しいで」と発言したのだ。

「東谷氏は翌日の8月7日夜、ドバイを訪れた青汁王子こと三崎優太氏(33)のYouTubeチャンネルの生配信に登場し、前日と同様の発言を繰り返しました。“俺の詰め方はえげつない”“脅迫って言われても俺は日本にいないから、『だから?』ってなるから”とまで言い放ち、さすがの三崎氏もかなり引いている様子でしたね。そしてこの“ひろゆき氏の奥さん攻撃示唆発言”が大きな物議を呼んでいるんです」(前同)

 東谷氏のこの発言には多数の憤怒の声が寄せられている。

 SNSやネットには、「こいつヤバすぎるやろ。こんな脅迫許されないだろ。仮にも議員やぞ」「政治家の闇暴露やるみたいなこといってたガーシーがやろうとしてる事がひろゆきの嫁叩きとかもうアホらしすぎ」といった声が上がっている。

 さらに、「自分も家族晒されて、ヒカルに謝らせたのに、自分はひろゆきの家族脅すの?最近偉くなったのかなぁ?ひろゆきの方が理にかなってる。ガーシー残念」「ただの身内ってだけの一般人を攻撃するなら、今後ガーシーの親や妹を攻撃してもいいってことだよね。 前は自分がそれをやられて散々怒ってたのに今はされてもいいってことなんですね。 自分勝手にもほどがある」など、過去、人気YouTuberのヒカル(31)に、“BTS詐欺の首謀者”として実名を出されたことで自身の母に被害が及び激怒したこととの矛盾を指摘する意見も寄せられている。

「東谷氏は、実際に選挙に当選し参議院議員にもなり、本も発売早々10万部突破と爆売れしたことからもわかるように、彼には批判や疑問の声と同時に、大きな関心と“期待感”があったことは間違いない。東谷氏自身も言っていますが、“悪だからこそ巨悪を倒せる”令和のダークヒーローとしての期待や支持です。

 しかし、今回の“ひろゆき氏の奥さん狙う”発言は失言中の失言だったのではないでしょうか。反発の声の多さから考えると、過去にした、BTSに会わせる詐欺での“返金に応じない詐欺の被害者を晒す”という発言以来の大失言と言えそうです。

 世間から総スカン、ガーシーファンも引く発言で、過去、警察沙汰も起こす迷惑系YouTuberとして活動し、現在も好感度など皆無のへずまりゅう(30)の、このガーシー発言への“激怒”に賛同が集まるというにわかには信じがたい展開となっています。そして、東谷氏にはこの件に加え、他にも“爆弾”があり、いよいよその立場はまずくなっていますね……」(同)

■へずまりゅうが「ガーシーよりまとも」

 へずまりゅうは、8月8日に自身のツイッターに「人の奥さんに脅迫するクソ野郎 ガーシーは芸能人や有名YouTuberの暴露をするから面白かったんやけどな 一般人相手にしたらもう終わりじゃん YouTubeもTwitterもBANされて発信できる場も無くなってきてるし 古いネタは無くなる一方だしもう飽きた 時代はどんどん変化し続ける もうお前の居場所はねえよ」と投稿。

 この投稿はネットニュースにもなったのだが、これに対して、「ガーシーよりまとも」「へずまりゅうから苦言w」「今までこの人の言動で同意した記憶はないが、ここに関しては完全にうなずいた」「初めてまともな事言ってる。確かにメディアに出てない一般人の奥さんを詰めるって人として最低だと思う」など、へずまりゅうの東谷氏への「怒り」に同意するコメントが多く寄せられている。

「“ひろゆき氏の妻攻撃示唆発言”に加えて、ひろゆき氏と関係が深い株式会社ドワンゴの取締役・川上量生氏が明かした話も大きな波紋を広げています。

 川上氏は8月7日、自身のブログ『続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記』のなかで“現在、私は高橋氏(※注『FC2』創業者の高橋理洋氏のこと)と和解しなかったことを後悔させてやると、ガーシーから暴露宣言を受けている。ドワンゴとKADOKAWAに対するネタを提供するとFC2高橋氏が最大300万円を支払ってくれるそうだ”と、綴っています。川上氏は、“和解を呑まないから攻撃すると高橋氏とガーシーは主張しているわけだが、これはただの恐喝だ”と断じていました。これは川上氏の言い分ではありますが、こちらに対しても“ただの恐喝”といった声が多く上がっていますね」(前出の夕刊紙デスク)

 危険発言で炎上してる東谷氏だが、現在はUAEのドバイに滞在している。当選して国会議員の身分となりながら、参議院に登院する予定はいまのところないようだ。

「東谷氏は、帰国すれば逮捕される可能性がある、また身に危険が及ぶ可能性があるとし、帰国、登院することを拒み、ドバイでもできることはあると、現地で議員の活動していくとしています。しかし、本当にずっと登院しないとなるとさすがにまずい」(前同)

 国会議員に対する処分は4段階あり、公開議場における戒告、陳謝、一定期間の登院停止、除名という議員の地位をはく奪する、実質クビが一番重い処分となっている。

「今、永田町で持ち上がっているのは、東谷氏が9月、10月にある秋の臨時国会の場に1度も現われなければ、本格的に“除名”、クビへ動いていくという話だといいます。除名は、本会議で出席議員の3分の2以上の賛成が必要で、過去の1例しかありませんが、いよいよそれが現実のものになるのかもしれません」(同)

■浜辺美波の暴露予告のオンラインサロンは「ネトフリの2倍」料金

 国会議員の「不逮捕特権」獲得を目的のひとつとして出馬、当選を果たしたとも言われる東谷氏だが、国会議員になれば「公人」としてのふるまいが有権者から常に厳しく見張られている。

「国会に出ず、真剣に議員としての役割を果たすつもりがない東谷氏に対して、国会議員の給与である歳費が支払われることへの批判も多くあります。その財源は税金ですし、さらには公約に掲げていた47個の暴露もいまだ行なわれておらず、”いったい何をしたくて議員になったのか”と言われてしまっている状態ですね。

 国民を代表する立場である議員になったことで、彼の言動へのハードルが上がり、これまでならスルーされていたであろうことでも多くの批判が飛ぶ状況となっている。不逮捕特権や議員報酬などのメリットはあるものの、デメリットもかなり多そうです。

 そして、東谷氏の“一丁目一番地”、情報発信のところでも大いなる躓きの予感が漂っているんです。彼は、オンラインサロンを8月10日~15日のところでオープンする予定で、そこでの暴露一発目は女優の浜辺美波(21)をターゲットにする、という話でしたが、このオンラインサロンにもかなりのスベリ気配があるんです」(前出の夕刊紙デスク)

 東谷氏が8月5日に行なったインスタライブで語ったところでは、オンラインサロンの月額料金は、「サーバー代が高額なので2000円~3000円ほどになりそう」というのだ。日本でも大人気の動画配信サービス・Netflixのベーシックプランは990円、スタンダードプランが1490円なので、“ガーシーサロン”はネトフリの2倍という“高額サブスク”になりそうなのだ。

「東谷氏が約5万人の登録者を集めていたYouTubeのメンバーシップは、月額490円と安価だった。メンバーシップの開始当初は東谷氏の芸能人暴露の勢いがある頃で、“より特別な暴露を聞けるなら月500円は安い”と加入した人は多くいるでしょう。しかし、月額2000~3000円、世界中の優良コンテンツが楽しめるネトフリの2倍となると、さすがに以前、メンバーシップに入っていた人も、加入を躊躇するのではないでしょうか。

 ただでさえ最近、東谷氏には“ネタ切れ”もささやかれていますからね。YouTubeチャンネルもツイッターもBAN(※停止)されてしまし、存在感が薄れてきているなか、高額のオンラインサロンに登録してくれる人がどれだけいるのか……。

 東谷氏の周囲には、『FC2』創業者の高橋理洋氏ほか資産家の友人が多くいるようですが、彼らのサポートも永遠に続くものでもないでしょう。借金は大半は返したという話ですが、今後の収益の柱に目途が立たないとなるとマズいでしょう。そして東谷氏の場合、収益面以上に、オンラインサロンが盛り上がらず、影響力が低下していくことが痛恨ですよね。

 浜辺美波サイドは戦々恐々でしょうが、オンラインサロンの行方にも大きな注目が集まっていますね」(前同)

 昨年12月、ドバイに渡った際にはポケットの中に110円しか入っていなかったという東谷氏。そこからの約半年間で国会議員にまで駆け上がった男は、ここにきての“終焉危機”を再び乗り越えられるだろうか。令和のダークヒーローの動向に注目が集まっている。

関連リンク

  • 8/11 11:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

18

記事の無断転載を禁じます