飯豊まりえ「高橋一生との熱愛」“激怒記事”が消えた!?「17歳年上カレシ」“マンション内同棲”報道に懸念も…「結果プラス」で「次の新垣結衣の道」爆進中!

拡大画像を見る

 俳優の高橋一生(41)と女優の飯豊まりえ(24)がドラマ共演を経て交際中だと8月5日発売の『FRIDAY』(講談社)が報じた。

 2人は2020年末と2021年末に放送されたNHKドラマ『岸辺露伴は動かない』で共演。

 同作は人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)のスピンオフ作品で、高橋が演じたのは偏屈な性格でありながら絶大な人気を誇る漫画家の岸辺露伴。一方の飯豊は女性編集者役で存在感を放った。

 記事によると、2人はドラマ第2弾の撮影中に意気投合し、クランクアップのタイミングで飯豊は高橋が住むマンションに引っ越したという。

 現在、高橋と飯豊は別々の現場で仕事をしているが、撮影が終わると同じタワーマンションに帰っていくといい、『FRIDAY』には同じマンションに出入りする2人の姿が掲載されている。

■祝福コメント殺到も飯豊まりえの事務所は激怒!?

 17歳差の大物カップル誕生報道を受け、SNSには「お似合い どっちも好きだから嬉しい」「岸辺露伴は動かないの高橋一生と飯豊まりえのカップル。ドラマの中でもすごくお似合いだったのにリアルで付き合うとは!」「これはまたお似合いのお二人 年齢差感じられない」といった祝福コメントが多数寄せられている。

 しかし、同誌の問い合わせに飯豊の事務所は「事実ではありません」と交際を否定。高橋の事務所は回答をしていない。

 8月10日配信の『週刊女性PRIME』では、飯豊のさらなるの活躍に期待を寄せている所属事務所サイドが高橋に怒りを示しているとも報じている。

■「事務所激怒記事」が配信先から消滅

 ワイドショー関係者が話す。

「その記事は『週刊女性PRIME』の本サイトでは読むことができるものの『Yahoo!ニュース』などの配信先からはすっかり消えているんですよね……。その点が気になるところですが、『FRIDAY』の問い合わせに事務所が交際を強く否定したのは、やはり今後の飯豊さんの活躍に期待を寄せているからだと言われていますね」

 飯豊は現在放送中のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』で黒島結菜(25)演じるヒロインの比嘉暢子の恋敵・大野愛を好演。

 8月11日放送の第89話では暢子と宮沢氷魚(28)演じる青柳和彦の披露宴が行なわれるが、和彦がもともと結婚を約束していた恋人がおり、それが愛だった。

 幼馴染同士だった暢子と和彦だったが、7月中旬から下旬にかけて放送で2人は急接近。最終的には愛に結婚の話を「なかったことにしてくれ」と言い放ち、暢子に接近。愛は和彦の気持ちが自分にはないことを悟り、身を引く形となった。

■「愛ちゃんが主役だったらいいのに」と飯豊に熱烈支持

 朝ドラらしからぬ略奪愛的な展開に視聴者からは不満が噴出。一方、「愛ちゃんにはほんとに幸せになってほしい」「今日に至るまで何一つ彼女を嫌いになる理由がない。愛ちゃんが主役だったらいいのにと願うばかり」「愛ちゃん主役の方が良くない? 愛ちゃんの方がカッコいいし、なんであんな暢子がヒロインなのかわかんないわ」と、飯豊演じる愛をヒロインにしてほしいという声が多数寄せられたことも記憶に新しい。

「かねてより『ちむどんどん』やヒロインの暢子、その他の登場人物への批判的な声が少なくありませんでした。そんな中にあって飯豊さんや彼女が演じる愛の評判はすこぶるよかったんです。『ちむどんどん』を経て、飯豊さんへのオファーはさらに増えるとみられます」(前同)

■高橋一生との熱愛報道もノーダメージ

 飯豊は7月7日にスタートした日本テレビ系ドラマ『オクトー〜感情捜査官 心野朱梨〜』(公式サイト)で主演を務めている。

「周囲は飯豊さんに、新垣結衣さん(34)のような存在になってほしいと期待を寄せていると聞こえてきています。実際、スタイル抜群で可愛らしいビジュアルと明るく元気なキャラクターは“ガッキー”に重なるものがありますよね。だからこそ、今後の活躍を考えて高橋さんとの交際を否定したのではないでしょうか。もちろん、コメントの通り、交際していない可能性もありますが。

 ただ、高橋さんとの熱愛報道は決して飯豊さんのマイナスにはなっていませんよね。高橋さんが17歳年上ということ、過去の女優の森川葵さん(27)との熱愛話もあり、“高橋一生さんは意外と年下好き”といった声はありましたが、高橋さんは仕事面でとにかくストイックで、演技力が抜群に評価される大人気俳優ですし、『岸部露伴は動かない』に出演した2人の共演を、原作やドラマファンの多くも歓迎していますからね」(前出のワイドショー関係者)

■飯豊まりえがガッキーの抜けた穴を埋める!?

 飯豊が目指す先なのかもしれない、“国民的女優”新垣は、2021年5月に星野源(41)と結婚することを発表。同時に新垣はそれまで所属してきた事務所とは一部契約を残してフリーに。今年1月からはNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のほか、現在公開中の映画『GHOSTBOOK おばけずかん』などに出演。それ以外はCM仕事が中心となっている。

「結婚を発表して以降の新垣さんは、ある意味で第一線から退いたような状況で、大河ドラマや映画が落ち着いたらさらにゆっくりするのではないかとも言われています。その間、飯豊さんが“ポストガッキー”として新垣さんの抜けた穴を埋め、女優として突き抜ける可能性は十分にある。

 事務所は交際を否定していますが、ドラマで共演して意気投合もしたといいますし、同じマンションに出入りしているということですから、高橋さんと俳優談議に花を咲かせて、影響を与え合っているということは考えられる。日本を代表するトップ俳優の高橋さんとの熱愛報道を経て、飯豊さんは、女優としてますます輝きを増していくのではないでしょうか」(前同)

 飯豊と高橋の“続報”を期待している人はかなり多そうだ。

関連リンク

  • 8/11 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます