パート先のおばさんから「〇〇党に投票してね」と連絡→「そんな時だけ電話しないで下さい!!」と一蹴した女性

拡大画像を見る

信仰は個人の自由だが、他人に強制するのはいかがなものか。東京都に住む40代前半の女性(サービス・販売・外食/年収150万円)は、パート先で出会った女性に憤ったエピソードを話してくれた。(文:谷城ヤエ)

キャリコネニュースでは「職場で宗教勧誘されたことある人」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/68399KNQ

勧誘ビデオは「速攻ごみ箱に捨てました」

女性が20代の頃、働いていたパート先に「某宗教団体の会員のパートのおばさん」がいたという。

「私が何もかもうまくいってない時期に、『よかったらこれみて』と、信仰している芸能人の勧誘VHSテープを渡されました。返さなくていいからと言われましたが、見たらそこの勉強会と言う名の勧誘会に行かないとになりそうだったので、速攻ごみ箱に捨てました」

その後、「そのおばさんはご両親の介護の為、退職」したというが、ある日女性のもとに連絡が来た。

「選挙の時に、『ある政党に投票してね』といきなり家電に掛かっていました。一緒に働いていた時には、そんな事しなかったのに、退職した途端こういうことされてむかついたので、電話越しに『そんな時だけ電話しないで下さい。2度とそういう電話はしないで下さい!!』と言い、その人とはそれで、お別れしました」

と顛末を綴っていた。昔の知人から投票のお願いをされるのはよくあることだが、ここまで大抵は女性から激しい反発に遭い、相手も諦めたことだろう。

関連リンク

  • 8/11 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • 「○○サンに投票お願いしますね」までは全然良いんだけど不在者投票や当日投票に、「一緒に行きましょう」は押し付けがましくてすごくイヤだったなぁ。お願いしたら後は相手の自由に任せるくらいのマナーは持ち合わせていてほしいと思います。祖母が所属していてずいぶんお世話になっていたから、悪いイメージは持っていないのですけど。

  • TOMO

    8/11 21:22

    ↓トリトンさん♪あなたは精進が良いので地獄になんか落ちません。俺も仲間内で創価学会の悪口言ったりしてますが、誰一人、地獄に落ちた者なんて居ません。

  • トリトン

    8/11 19:49

    ↓会社の同僚の母親聖教新聞のやまに囲まれ孤独死そして学会本部に連絡したら関係ないの一言3人ほど相談受けましたね。そのくせ前に入院中に学会の偉い様に部下が来て家族のことは学会が面倒見るとか言われてましたね。まさに平等の信心深いとの差がここに。とここまでSNSでこれ言ったらかなり叩かれ地獄に落ちるぞと言われたから地獄が怖いからやめときます。

記事の無断転載を禁じます