管理栄養士が教えるダイエットのポイントとは?

拡大画像を見る

 ダイエットって、無理することなく健康的に実施したいものですよね。では、どのように行えばよいのでしょうか。

 管理栄養士の麻生れいみさんの著書「作りおきでやせぐせがつく 糖質オフバイブル」(主婦の友社刊)では、痩せる仕組みが紹介されています。それが、糖質を控える⇒エネルギー回路が変わる⇒体脂肪が燃える⇒痩せ回路が回りだす⇒痩せるというサイクルです。

 エネルギー回路が変わるとは、糖をエネルギー源としていた状態から、糖を控えることで脂肪を燃やしてエネルギーにする回路にすることを指しています。これはインスリンが分泌されないので、体脂肪を溜め込まないそうです。この“痩せぐせ”のサイクルを作り出すことが、ダイエットポイントというわけです。

 また、佐々木由樹さんの著書「痩せる外食生活 管理栄養士が教える、自炊ナシでも健康になる食事法」(インプレス刊)によれば、外食には落とし穴があるのだとか。例えば、品数が多い食事=バランスのいい食事ではないということを挙げています。

 飲食店の定食は、おかずの品数が多いので栄養バランスがよいと思われがちですが、タンパク質や脂質、塩分、エネルギーを摂り過ぎる傾向にあり、必ずしもバランスがいいわけではないそうです。

 これらのポイントを押さえて、ぜひ無理のない健康的なダイエットをしてくださいね。

関連リンク

  • 8/10 18:14
  • アサジョ

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます