Perfumeより断然無名『ザ・マスクド・シンガー』YouTuber登場で物議

拡大画像を見る

 大泉洋が司会を務めるAmazonオリジナル番組『ザ・マスクド・シンガー』のシーズン2が、8月4日よりPrime Videoで配信スタート。11人の奇抜なコスチュームで身を隠したセレブなシンガーたちが、ド派手なパフォーマンスバトルを繰り広げる内容だが、とあるマスクドシンガーの正体に視聴者からブーイングが起きているようだ。

 同番組は、韓国で『ミステリー音楽ショー:覆面歌王』として誕生し、アメリカ、イギリス、ロシアなど世界40カ国以上でローカル版が制作された音楽ライブエンターテインメント番組。有名人たちがマスク姿でヒット曲を歌い、パネリストと観客の投票により勝敗が決定する。

 日本リメーク版のシーズン2では、歌声と少ないヒントからマスクドシンガーを予想するパネリストとして、前シーズンでも出演していたPerfume、MIYAVI、アンジャッシュ・児嶋一哉が出演。さらに、シーズン1でマスクドシンガーとして出演した小林幸子、水野美紀、土屋アンナもパネリストとして参加している。

 なお、シーズン1のレビュー欄には、「音楽番組が減少している時代に、こんなにお金をかけた番組は貴重。ずっと続いてほしい」「着ぐるみを見てるだけでも楽しいし、歌声も素敵」「大泉さんとPerfumeの掛け合いが最高」といった感想が寄せられる一方で、「アメリカの番組をマネしたようなノリと出演者の大袈裟なリアクションに興醒め」「出演者の大袈裟なリアクションが嘘っぽくて引いた」「演出の派手さはいいんだけど、単純に企画としてつまらない」といった手厳しいコメントが相次ぎ、星5つ中、2.6という“低評価祭り”の状態に。そのため、シーズン2の制作が発表された際には、ネット上で「え、やるの?」「前回、Amazonレビュー荒れてなかったっけ」と驚きの声も散見された。

 しかし、シーズン2のレビュー欄を見てみると、エピソード3まで配信されている8月9日現在、「シーズン1のアメリカのマネしたウザさがなくなってる!」「痛々しかった演出がかなり改善されてて、かなり見やすい」と変化を指摘する書き込みが目立つ。どうやら、シーズン1の評判を受けて、テコ入れが行われたようだ。

 また、シーズン1ではAmazonがしきりに「2021年2月に厳格なコロナ安全対策の下で撮影されました」とアナウンスしていたものの、映像では“密”状態にされた観客がノーマスクで歓声を上げていたため、多くの批判が寄せられる事態となっていたが、シーズン2では客同士が距離を保っており、番組から配られたと思しき黒っぽいマスクを着用している。

 随所に改善点が見えるシーズン2だが、主役とも言うべきマスクドシンガーの人選については不満の声も少なくないようだ。エピソード3までの時点ではあるものの、「シーズン1のほうが、シンガーの歌唱力が高かった」という指摘や、すでに正体が明かされているマスクドシンガーの1組が人気YouTuberであったことから、「誰? 有名な人?」「そこまで歌もうまくないし、一部しか知らないYouTuberが出てきたら企画的に破綻でしょ」「PerfumeがYouTuberに『本物~』と喜んでいて、なんか微妙な気持ちになりました」「出演者の中にも『この人誰?』って思ってる人いそう」と残念がる声も上がっている。

 また、同番組はパネリストのPerfume目当てに見ている視聴者も多いようだが、「大泉さんやPerfumeが大物すぎて、マスクドシンガーがしょぼく見えてしまう」と番組の問題点を指摘する視聴者も見られる。

 前シーズンからブラッシュアップされているものの、人選に関しては課題も多そうな『ザ・マスクド・シンガー』。長く続く人気シリーズとなるだろうか。

 

 

  • 8/10 11:00
  • サイゾー

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

2
  • 番組自体くだらないのだから、どうでもいい

  • ゆう

    8/14 10:01

    韓国の番組を見たことがあるけどマスクを着けている人は歌手なり俳優なり女優なりみんな有名で歌唱力はいい人ばかりだけど日本の場合はYouTuberみたいな素人を出して歌も下手で誰ですかってマスクを取っても誰も知らないってオチまでついているのか。

記事の無断転載を禁じます