中京テレビ「美女アナ」を口説き落とした男子マラソン五輪代表の「気になる本番の実力」

拡大画像を見る

 陸上マラソン男子東京五輪代表だった服部勇馬が8月8日、中京テレビの平山雅アナと結婚したと自身のSNSで報告した。

 現在28歳の服部はトヨタ自動車陸上長距離部の所属。東洋大学時代には箱根駅伝のエースとして注目を浴び、2018年12月の福岡国際マラソンで優勝。翌年、東京五輪出場をかけた「マラソングランドチャンピオンシップ」でも2位で五輪内定となった。が、本番は熱中症の影響を受けて73位に終わった。

 服部はSNSで、

「今日まで、私たちを育ててくれた家族のようにあたたかい家庭を築いていきたいと思います。いつも応援してくださる皆さまへ、感謝の気持ちを持ち、より一層競技に精進して参ります。今後ともよろしくお願いします」

 と報告し、平山アナも同じ時刻にSNSを更新。

「勇馬※雅」(※はハート文字)「結婚しました」

 とそれぞれ半紙に毛筆で記し、仲睦まじいペア写真で結婚を報告した。

 地方局に詳しい女子アナウォッチャーが言う。

「千葉出身の平山アナは、過去に2年間ほどスポーツ番組を担当しており、そこで2人は出会った可能性が高い。中京テレビも大スポンサーである企業の選手と結ばれて喜んでいるのではないでしょうか」

 服部の当面の大きな目標は2024年のパリ五輪となる。美人妻とのアツアツの新婚生活に溺れるのもいいが、本業では大いに実力を発揮して欲しいものだ。

関連リンク

  • 8/10 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます