SnowMan、ファンクラブ会員数「関ジャニ∞超え」で2位キンプリに“超肉薄”大人気でも…「『24時間テレビ』メインパーソナリティーは任せられない」“深い理由”!

拡大画像を見る

 2020年1月にCDデビューを果たしたジャニーズの9人組グループ・Snow Manの勢いが止まらない。

「ファンクラブ会員数が8月8日時点で78万人を突破し、77万人の関ジャニ∞を抜いたとSnow Manファンが歓喜しています」(女性誌編集者)

 SNSには「スノついにFC会員数関ジャニ先輩越してTOP3 ツアー決まったし入る人増えたんだろうなおめでとう︎」「えぐいえぐい、スノ、ついに関ジャニのFC数抜いて、上から3番目になってるやん」「スノのFC会員数ついに関ジャニ超えたよ……ジャニーズで3位だよ……キンプリも超えるよ……怖まじで……」といったコメントが寄せられている。

「ファンクラブ会員数ではこれまで1位が嵐の約307万人、King&Prince(キンプリ)の約90万人、関ジャニの約77万人がスリートップでした。しかし、Snow Manが関ジャニを抜いて3位に。

 嵐は断トツトップですが、現在は活動休止中。現状は、実質キンプリが1位、Snow Manが2位という序列になったわけです」(前同)

■SMAP以来の快挙も

 Snow Manは2020年1月のデビュー以来、快進撃を続けており、CDセールス、カレンダーの売り上げでも“ポスト嵐”としてジャニーズ事務所の期待を一身に背負うキンプリ以上の実績を残している。

 2021年6月の『オリコン上半期ランキング 2021』で、音楽ソフトの総売上金額が最も高かったアーティストを発表する「アーティスト別セールス部門」が発表され、期間内売上49.2億円を記録したSnow Manが「トータルランキング」の1位に輝いた。男性アーティストの上半期同部門1位は2017年のSMAP以来、実に4年ぶりのこととなった。

 同年9月発売のアルバム『Snow Mania S1』は2021年度の最高初週売上で1位を獲得。累積売上(初週売上)は84.1万枚となり「1stアルバムの初週売上枚数」では“令和最高”となった。

 5月24日発売のライブ映像作品『Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania』は初週46.1万枚を売り上げたほか、3月30日発売のシングル『ブラザービート』が週間シングルランキングで今年度最高の初週78.8万枚を記録。

 2021年の上半期に続き、男性アーティストとして初めて2年連続で映像作品と音源のトータルランキング1位獲得となっている。

■映画&バラエティ番組でも大活躍

 前出の女性誌編集者が続ける。

「グループの年長組はジャニーズ事務所から“デビューは難しい”と言われていたものの、滝沢秀明副社長(40)のバックアップもあり、デビューを果たし、その後は当初の想像を超える凄まじい結果を残しています。

 岩本照さん(29)の振付はダンス関係者からも高い評価を得ていますし、岩本さんやラウールさん(19)は主演映画も好評。グループで主演を務めた『おそ松さん』もスマッシュヒットとなりました。また、テレビでの露出も多いですよね」

 CDデビュー直後の2020年3月には冠番組『それSnowManにやらせて下さい』がスタート。同年4月には、向井康二(28)と目黒蓮(25)が『アイ・アム・冒険少年』のレギュラーに抜擢されている。

 宮舘涼太(29)と佐久間大介(30)は朝の情報番組『ラヴィット!』(すべてTBS系)にそれぞれ隔週で出演。生放送中には必ずと言っていいほど宮舘や佐久間の名前はツイッターのトレンド入りをしている。

■Snow Manは「TBSお抱えグループ」に

「Snow Manは『CDTV ライブ! ライブ!』(TBS)の常連でもありますが、特にTBSの番組での活躍が目立ちますよね。

 一方、“ポスト嵐”の最右翼と目されるキンプリは、日テレが囲い込みを図っています。グループの冠番組『King&Princeる。』(日本テレビ系)の演出を手掛けるのも『嵐にしやがれ』でディレクターを務めた人物ですからね。日テレにはキンプリを嵐のような国民的スターにしたいという思惑があるのではないでしょうか」(制作会社関係者)

 2021年8月の『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーを務めたのもキンプリだった。

「ジャニーズファンからは高い人気を誇るキンプリですが、お茶の間への浸透度はまだ低かったためか、昨年の『24時間テレビ』の数字はいまいちでした。ただ、『24時間テレビ』を経てキンプリの知名度は上がりましたし、今年は昨年以上の活躍をしています。やはり『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを務めるというのは、国民的グループになるための足掛かりの1つだとも言えるでしょう」(前同)

■Snow Manが『24時間テレビ』メインパーソナリティーになれないワケ

 嵐はこれまで5度も『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを務めたほか、今年は『ジャにのちゃんねる』のメンバーとして出演する二宮和也(39)は、櫻井翔(40)と並んで歴代最多タイの6度目のメインパーソナリティーを務めることになる。

「快進撃を続けるSnow Manも近いうちに『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを務めることになるのではないかと期待が高まりますが、実は、どんなに人気を伸ばしても、メインパーソナリティーはできない、という見方が強いんです。

 というのも、日テレはタレントを抱え込む、囲い込む局として有名ですからね。『エンタの神様』の波田陽区さん(47)をはじめとするキャラ芸人をはじめ、『世界の果てまでイッテQ!』でブレイクしたイモトアヤコさん(36)、その他にもフワちゃんやりんごちゃん(34)などを囲い込んで他局にあまり出演させないようにしていたというのはよく知られた話。日テレには、露出が多いと視聴者に飽きられて価値が落ちるという考えがあり、他局で露出が多いタレントは使われにくい傾向にもあるんです。

 タレント本人、事務所が決めることなので“拘束”はできませんが、日テレサイドが“できれば他局のバラエティには出ないでください”とタレントサイドにお願いして、それがスルーされ、他局で活躍し始めると、日テレの番組発でブレイクした人であっても、その後、全く使われなくなるというのは実際にある話です。

 現状、Snow Manの“TBS色”はかなり強い。“TBSのお抱えグループ”と見られている彼らがさらに人気を獲得しても、“日テレの魂”とも言える『24時間テレビ』のメインパーソナリティーには選ばれないのでは、と関係者の間ではもっぱらです」(前出の制作会社関係者)

 Snow ManがSMAPや嵐に匹敵する国民的グループになっても『24時間テレビ』のメインパーソナリティーにはなれない!?

関連リンク

  • 8/10 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます