過激系YouTuber・禁断ボーイズが解散! VALU騒動後に人気ガタ落ち、元リーダー・いっくんは今……

 YouTuberグループ・禁断ボーイズが8月7日、正式に解散を発表。ネット上には長年の活動を労う声が相次いでいる。

 禁断ボーイズは、たっつん、メサイア、モーリー、田中による4人組グループ。かつては過激路線で人気を博し、2016年にはヒカル、ラファエルとともにNextStageを結成。日本を代表する人気YouTuberグループの1組として注目されていた。

「人気絶頂にあった17年8月、当時リーダーだったいっくん(昨年9月にYouTube引退を表明)が、ヒカル、ラファエルらと始めたビットコイン・VALUに市場操作疑惑が浮上し、大炎上。この翌月、NextStageは解散(後にメンバーを変えて再始動)し、禁断ボーイズは活動休止へ。その後、活動を再開しましたが、騒動のイメージが尾を引いたほか、過激さが薄れたことや、更新頻度が安定しないことなど、さまざまな理由で再生数がガタ落ちしてしまいました」(芸能記者)

 長らく低迷が続き、今年3月には元お笑い芸人のたっつんを新リーダーとして加え、オワコンボーイズに改名。「6月7日までに登録者200万人達成できなければ解散」と宣言した。

「運命の日である6月7日、都内で『200万人達成イベント』が有観客で開催されましたが、登録者数は増えるどころか減少。最終的に179万5,000人ほどで目標達成とはなりませんでした」(同)

 これにより、オワコンボーイズとしての活動は終了。メンバーの今後についてはあらためて報告するとしていたが、今月7日にメンバー全員が禁断ボーイズから卒業することを動画で発表した。

 なお、178万人を擁する「禁断ボーイズ」のチャンネルは、メンバーによるくじ引きの結果、「売る」ことに。チャンネルの売却はYouTubeの規約違反となる可能性があるため、運営会社ごと譲るようだ。

 解散報告動画のコメント欄には、「やっぱり、いっくんの存在が大きかったか……」「賞味期限が切れたのがわかったことは大きな収穫だと思う。7年間お疲れ様でした」「これで終わんなかったらさむいから、ちゃんといい思い出として締めてくれよ!」「禁断ボーイズは私が初めて好きになったYouTuberさんで、これから先も1番好きなYouTuberです!」などのコメントが寄せられている。

「メンバーの今後について、たっつんは以前から出演していた別のチャンネル『コスモハイツ205』で活動、メサイアは地元に戻って音楽活動をしたいそうで、モーリーは配信者になりゲーム実況、田中は裏方としてYouTubeに関わっていくことを明かしています。ちなみに、元リーダーのいっくんは、自身のインスタグラムで交際中の女性YouTuber“ぷるこ”とのツーショットなどを公開しています」(同)

 7年間の歴史に幕を下ろした禁断ボーイズ。VALU騒動でともに炎上したヒカルとは、その後の明暗が分かれてしまったようだ。

  • 8/9 15:28
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 脱走兵

    9/1 0:19

    結局は一過性の『飽きられたら終わり』の世界。ネタが尽きたらエロや犯罪に走るしかない。個人でやってるだけにダメな時に助けてくれる人はいない。さんざん持て囃したチャンネル登録者も何もしてくれずに離れていくだけ。時間もカネも才能もただただ消費されていくだけの焼畑農業みたいな世界。物凄いスピードで新しいモノが生まれて、流行しては廃れて行く。恐ろしい世界だな。

  • YouTube自体が、大手スポンサーの代表個人のワガママや、個人を特定したYouTuberの徹底排除など…政治的思惑で運営されるようになってるから、先は見えてるよ。自由で開かれた世界だったのにな。

記事の無断転載を禁じます