お腹が凹んで“くびれ”もできる!?「ドローイン」のススメ

拡大画像を見る

「腹筋をしているのに、なかなか下腹が凹まない」という人はいませんか? 実は、お腹を凹ますために腹筋を行うことには、腰を傷めるなどの声もあって賛否両論あるようです。何よりツラい筋トレは続きませんよね。では、どうすればいいのでしょうか。多くの専門家がこぞって勧めるのが「ドローイン」なんです。

 ドローインは、呼吸と共にお腹を凹ませたり膨らませたりしてインナーマッスルを鍛える体幹トレーニングのこと。寝たまま、歯磨きをしながら、ウォーキングをしながら、移動の電車内で立ちながら、湯船に浸かりながらなど、ドローインはどこでもできるのが魅力です。

 寝たまま行うときの基本姿勢は、仰向けになって両膝を曲げて立て、腰幅くらいに両足を開きます。お腹に重みのあるもの、例えば本やペットボトル、ティッシュケースなどをのせて行うとやりやすいですよ。手は体の横に置きます。立ち姿勢では、腰幅くらいに足を開き、姿勢を正して行います。お腹に手を添えるとやりやすいです。

 4カウントで鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、8カウントかけて吐きながらお腹を凹ませます。このとき、おへそと背中を近付けるようにイメージしましょう。これを2~3分繰り返します。お腹が疲れてきますが、毎日続けると効果も出てくるでしょう。

 ツラい筋トレは嫌だという人も、これなら続けやすいかもしれません。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

関連リンク

  • 8/9 18:14
  • アサジョ

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます