怪物番組『めちゃイケ』の闇!大物芸人コンビが明かした「パワハラ」実態、ナイナイ岡村隆史と極楽・加藤浩次の「色気イジり」への壮絶鬱憤

拡大画像を見る

 8月4日放送のかまいたちの番組『かまいたちの知らんけど』(MBSテレビ)に、よゐこがコンビ揃って登場。豪華な先輩ゲストに緊張していたかまいたちだったが、4人のトークで、かつての芸人にとっての憧れの的であった、あの番組の裏話が飛び出した。

「96~18年まで続いた『めちゃ×2イケてるッ!(めちゃイケ)』(フジテレビ系)の話が出たんです。『知らんけど』では、よゐこがデビューから1年くらいで全国進出を果たしたこと、20歳の時点で『めちゃイケ』の前身番組『とぶくすり』に出ていて下積みが少なかった話題などから『めちゃイケ』の話を多く語りました」(女性誌記者)

 有野晋哉(50)は、『めちゃイケ』出演のストレスで、円形脱毛症に近い感じで眉毛が片方だけ抜け落ちてしまったこと、濱口優(50)は番組スタッフが「めっちゃ厳しかった」ことなどを振り返り、よゐこは、現在の基準からすると“異常”とも思える現場を振り返った。

■「リハ室に24時間閉じ込められてすごかった」

 たとえば、初期の『めちゃイケ』のコーナーとして「サイコロで顔が出たメンバーの顔面をハリセンで叩く」というものがあったが、叩かれる際に顔をそむけると「笑いが逃げる」とスタッフに怒られ、「出川哲朗が顔面からバレーボールマシンの球を受けているVTR」を見せられ「これをやれ」と濱口は言われたという。

「かまいたちは08年~09年に『新しい波16』という番組に出演していましたが、これは『めちゃイケ』の片岡飛鳥プロデューサーが企画を担当した番組。そのため、片岡さんの名前こそ伏せていましたが濱家隆一さんも似た経験をしていて、濱口さんたちと苦労を分かち合っていました」(前同)

『めちゃイケ』の収録は、とにかく長丁場だったことで知られているが、『新しい波』でも濱家は「コント(ネタ)が出ない!」と言っているのに「リハ室に24時間閉じ込められてすごかった」という思い出を話したところ、濱口は「あのチームの悪い癖」、有野は「長いといいみたいな。長いと頑張ってる感が出るみたいな」と、“あるある”で盛り上がったのだ。

「ちなみに、21年の次長課長・河本準一さん(47)とタカアンドトシのトシさん(46)、オリエンタルラジオの藤森慎吾さん(39)らによるYouTubeチャンネル『こうもトシんご』によれば“昼ごろに現場に入っても、終わるのは翌日の明け方という収録スケジュールがザラ”、同年の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)で『めちゃイケ』レギュラーだったオアシズが言うには“収録は毎週2回、20時間に及ぶことも多々だった”“夜中1時から朝5時くらいまでの収録もあった”などが明らかとなっています。これに限らず“とにかく大変な番組だった”という論調で、よく芸人たちがこぼしていますね」(前同)

■「敵の弁当食ってんじゃねぇよ」

 かまいたちも過去に『はねるのトびら』スタッフがお弁当画を分けてくれた際に『めちゃイケ』と同じ総合監督に「敵の弁当食ってんじゃねぇよ」と言われたこと、番組終了時に「ごめんな……」「お笑い芸人が終わったようなテンション」で空気が非常に重かったことなどを明かし、

「いまもスタッフの人でなんか特殊なスタッフの人がいると思ったら、『めちゃイケ』の残党の人です」「筋肉ムキムキで、でも戦う場所がなくなって、ボロボロの刀持って」

 と濱家が締めていた。

「また、『めちゃイケ』といえば極楽とんぼやナインティナインといった豪華メンツが出演していたことで有名ですが、彼らに関する厳しいエピソードも明かされました。現在は性格も丸くなったとは思いますが……」(前同)

■「染める時間あったら1個ボケ考えられるやろ」

 濱口は当時「パーマなんて(あてたら)絶対に何か言われてた」と加藤浩次(53)と岡村隆史(52)の名前を出し、

「色気づいたらすげえ言われるっていうね。茶髪にした時もすげえ言われたもん、“染める時間あったら1個ボケ考えられるやろ”って」

 と言われたことを暴露。髪だけでなくファッションについても、

「毎回、(買おうと思って)服を持った時には岡村隆史と加藤浩次の顔が出てきて“いじられるな、何か言われるんちゃうかな”って。(オシャレな服は)めちゃイケの時は着て行かれへんかった」

 ということだった。

 このエピソードにSNSでは、

《「体育会系」でひとくくりにされてイヤな思いをしてる人もいるだろうなぁ。それにしても、「はねる」はまだマシだったってことね》《濱口って能動的にやった企画は殆どなくて構成や台本(ドッキリ等々)で売れた芸人やから、そら岡村とか加藤は思うところあったやろ》《確かに加藤は髪型や髪の色、全く変えてなかった印象。》

 と、多くの反響が寄せられた。

「他方で、当時の濱口さんは本人も認めるレベルでトガっていたためやむなしだったのでは、という声もありました。いずれにせよ、こうして話が出るたびに、改めて過酷な現場だったことが伝わってきますね」(前同)

 終了して4年が過ぎても、まだ新しい事実が明らかになる伝説の番組『めちゃイケ』。その存在の大きさには驚くばかりだ。

関連リンク

  • 8/9 11:00
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

3
  • TAMAちやん

    8/26 15:36

    正直パワハラうるさくなる前の時代の話だしね。有名な歌に「芸のためなら女房も泣かす」なんて歌詞があったくらいの世界だしね。その考えでいくなら「オシャレする時間があるなら芸に費やせ」てのも分からなくはない。芸能界だけじゃなく、スポーツ会でも「恋人作るな」と言われてた時代でもあるし、めちゃイケだけの話じゃない。めちゃイケ後期ならともかく初期ならメンバーも若手だろうし厳しく言われても仕方ない時代。

  • 深夜1時から朝5時までって聞くと大変そうに聞こえるけど、元々時間が不規則な業界みたいだし、昼1時から夕方5時に書き換えると過酷感薄れるね。

  • でも結局かずとりだんでクレームに負けたんだよね。あれは嫌だった。

記事の無断転載を禁じます