チェルシー退団噂のFWハドソン・オドイ、プレミア2クラブがレンタルでの獲得を画策か

拡大画像を見る

 チェルシー所属のイングランド代表FWカラム・ハドソン・オドイに対し、レスターとサウサンプトンが関心を寄せているようだ。7日、イギリス紙『ガーディアン』が伝えている。

 先日、チェルシーからの退団希望を語ったと伝えられたハドソン・オドイ。情報の真偽は定かではないが、すでにユヴェントスやドルトムントからの関心が明らかになっており、今夏のチェルシー退団と他クラブへの移籍の可能性が高まっているとも伝えられている。

 そんなハドソン・オドイに対し、レスターとサウサンプトンのプレミアリーグの2クラブが関心を寄せているようだ。両クラブとも同選手のレンタル移籍での獲得を検討しているとのことで、具体的なオファーに向けての準備を現在進めている模様。なお、チェルシーとレスターとの交渉に関しては、U-21フランス代表DFウェズレイ・フォファナ(レスター)の移籍をめぐる交渉にハドソン・オドイが含まれる可能性もあると『ガーディアン』は指摘している。

 現在21歳のハドソン・オドイはチェルシーの下部組織出身。2018年1月にトップチームデビューを飾り、ここまで公式戦126試合に出場し16ゴール22アシストを記録している。イングランド代表にも選出された経験があり、これまで3試合の出場歴がある。クラブ生え抜きの若手として活躍に大きな期待がかかっているが、豊富なタレントを抱えるチェルシーで思うような出場機会を得ることができておらず、昨シーズンのプレミアリーグは15試合の出場にとどまっていた。

 果たして21歳のハドソン・オドイの将来はどのクラブにあるのだろうか。今後の各クラブの動きに注目が集まる。

関連リンク

  • 8/8 21:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます