小島瑠璃子「中国留学」発表に非難が噴出した「弾道ミサイル発射」直後の最悪なタイミング

拡大画像を見る

 タレントの小島瑠璃子が8月8日、自身のツイッターを更新し、来年から中国の大学へ留学することを報告した。

 小島は「15歳で芸能界に入り、大変なこともあったけれど、笑ってもらうのがうれしくて、楽しくて、仕事に熱中した13年間でした。28歳、一度ゼロからチャレンジしてみようと思います!!」として、現状について「移住に向けて日本での活動を少しずつセーブさせてもらっています」と説明。「具体的な移住のタイミングは世の中の状況をみて判断しようと思います」とも伝えている。芸能記者が言う。

「小島は3年ほど前に中国版SNSの『ウェイボー』を開設。当時から中国語を勉強中であることを明かしていました。そんな中、中国の春秋戦国時代を舞台にした人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との交際が始まり、ますます中国熱が高まっていたようですが、わずか1年で破局。それまで計画を練っていた中国進出を『目の前で燃えた』などとして意欲を喪失し、多くのファンも失ってしまった。結局、活動拠点を移すのが得策という結論に達したのかもしれません」

 中国進出については本人が再三にわたり匂わせていたため、今回の報告に驚きの声は皆無なのだが、

「折しも中国が台湾周辺で軍事演習を実施し、弾道ミサイル5発が日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下したばかり。こんな脅しに出た中国への反発が強まる中での小島の発表だけに、一部からは強烈な非難の声が出ています。もちろん彼女にとってはとんだトバッチリなのですが、タイミングとしては最悪だったのかもしれません」(前出・芸能記者)

 そんな状況になる予想もできないほど、30歳を目前にした小島は焦っているのかもしれない。

関連リンク

  • 8/8 17:15
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます