中田敦彦、コムドット擁護が的外れ!? シャネル炎上は「嫉妬」の持論に反論続出「違いますけど」

 5人組YouTuberグループ・コムドットが「シャネル」のタイアップ記事のモデルに起用され、賛否を巻き起こした騒動。これに関して、「コムドットのお兄ちゃん的存在」を自負しているというオリエンタルラジオ・中田敦彦がYouTubeで持論を展開したが、「的外れでは?」などとネット上で物議を醸しているようだ。

 事の発端は、デジタルマガジン「VOGUE GIRL JAPAN」が7月21日までに掲載した「シャネル」とのタイアップ記事に、コムドットが登場したこと。「ルールも常識も飛び越えて。コムドットと掴む『チャンス』の香り。」との見出しで、コムドットのやまと、ゆうた、あむぎりの3人が「シャネル」の香水を持ちながらジャンプする写真や、香水に関するインタビューなどが掲載された。

「世界的一流ブランド『シャネル』とのタイアップに“コムレンジャー”(コムドットのファンの愛称)が沸く一方で、『シャネルの歴史ある品位が落ちた』『シャネルの香水愛用してるのに、「コムドットが使ってるやつ」って言われたら最悪』『「あ、シャネルってもう、そういう地位でいいんだな」っていう残念な気持ち』などと落胆するネットユーザーが続出し、半ば炎上状態となりました」(芸能記者)

 この騒動を受け、コムドットのメンバーとコラボした経験がある中田は、8月4日に反論動画を公開。「シャネル」への「ガッカリした」「安っぽくなりましたね」との批判に対し、「そのマインドは、むちゃくちゃ損なマインドだなと、まず思う」「あなたが大好きな『シャネル』が選んでるんだから、コムドットがすごいんだよ」とコムドットを擁護したほか、『もう、シャネルは買わない』と宣言する人に対して「めちゃくちゃ細客だと思うんだよ、批判してる人って」「シャネル困らないのよ」「すげえたまに人生で何度か買ったっていうタイプの人が、『シャネル買わないよ~』って言ってるのは、コムドットへの嫉妬じゃん」と言い放った。

 さらに、「自分より下に見てたものが、自分の憧れのものと並んでるような感じがして、傷ついたんですよね」「(コムドットを)ディスってたのに、憧れのブランドに起用されてることが、(思考が)もうバグっちゃった」と心理を分析しつつ、「でもね、常に大事だと思うのが、ジェラシーとかで人をディスり始めたら、成長止まるんで、何かが見えなくなるんですよ」と語っている。

 コムドットの起用に対する批判的な意見を「嫉妬」「ジェラシー」と一蹴した中田だが、ネット上では「的確。嫉妬と聞いて腑に落ちました」「あなたに批判されてもシャネルは困らないって、正論すぎ」「あっちゃんも若い時に売れてジェラシーで批判されまくっただろうから、状況が客観視できるんだろうな」「正論ありがとうございます。これからも兄貴分として、コムドットを味方してください」と肯定的なコメントが続出した。

 その一方で、「嫉妬? いや、違いますけど」「批判をなんでも嫉妬にしようとするのは暴論すぎて気持ち悪い。中田の言ってることで、初めておかしいと思った」「中田さんの言い方は、シャネルファンの気持ちに自分の考え方を押し付けて嫉妬呼ばわりしてるので、シャネル的にも損をさせてると思います」「『シャネル』のブランド価値が下がって落胆することが、なんで嫉妬になるの? 的外れにもほどがある」などと疑問の声も多い。

「いつもは発言が共感を得ることも多い中田ですが、今回ばかりは違和感を覚えた『シャネル』ファンが多かった様子。また、今年1月に『イヴ・サンローラン』のコスメライン『イヴ・サンローラン・ボーテ』がやまとと妹のせいらをモデルに起用した際にも、今回と同じような炎上騒動が起きていたことから、シャネルに対して『はなから炎上商法狙った?』と疑う声も出ています」(同)

 “弟分”であるコムドットを援護したつもりが、新たな物議を醸してしまった今回の動画。中田いわく“細客に批判されても、シャネルは困らない”とのことだが、「シャネル」も同じことを思っているのだろうか……。

  • 8/8 13:06
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • …ず…

    8/11 12:18

    歴史あるブランドがポッとでのYouTuberとコラボしたのが残念。ってのがなんで嫉妬になるのかね?(´・ω・`)?全然府に落ちん

記事の無断転載を禁じます