「カロナールを譲る」と申し出たおじいさん オチに「いい話かと思ったら!」「こうなりたい」

拡大画像を見る

2022年8月7日現在、日本全国で新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染者が急増しています。

それに伴って、解熱鎮痛剤『カロナール』が医療機関で不足する事態に。『カロナール』を製薬している、あゆみ製薬株式会社は、出荷調整の実施を発表しました。

後藤茂之厚生労働相は記者会見を開き、過度な買い占めを控えるよう医療機関や薬局に呼びかけるなど、協力を仰いでいます。

病院で『カロナール』を譲ったおじいさんが…?

患者との会話についてTwitterに投稿したのは、大学病院で働いている@nursesan1310619さん。

投稿者さんの働く病院に通院している90代のおじいさんは、投稿者さんに向かってこのように伝えました。

今、『カ…なんとか』って薬が足りねえんだろ?

俺みたいな年寄りにはいいから、妊婦さんや子供たちに薬を回してくれよ。

『カロナール』が不足しており、出荷調整がかかった話は、ワイドショーでも報じられています。

また、ほかの解熱剤と比べて効果がゆるやかな『カロナール』が高齢者だけでなく、子供や妊娠中の人も服用できる薬であることも、報じられています。

きっと、おじいさんはその話題を耳にし、「貴重な薬を自分がもらうのは、申し訳ない」と思ったのでしょう。

心優しいおじいさんの申し出を聞き、心から感謝をした投稿者さん。そして、『いつもの薬』を出したのです。解熱剤…ではなく、去痰(きょたん)薬を…。

そう、おじいさんは、世間で不足しているのがいつも自身に処方されている薬と勘違い!

きっと、ニュースで耳にした『カなんとか』を、たんを出しやすくする薬『ルボシステイン』と勘違いをしていたのでしょう。

結果的に間違いだったとはいえ、おじいさんの「不足している薬を、困っている人に譲ってあげたい」という思いやりの心は本物。

コントのように落ちてしまった温かいやり取りに、多くの人が笑い声と、称賛の声を上げました。

・かっけえ!将来は、こういう高齢者になりたい。

・いい話かと思ったら!まさかのそういうオチかい!

・おじいちゃんが優しい上にかわいくて、めちゃくちゃ笑顔になれた。

このエピソードを読んだ人たちからは、「自分も、こういう思いやりの心を持った人になりたい!」という声が相次いでいます。

おじいさんの行動によって、ネットを通して『優しさの輪』が広がったのではないでしょうか!

[文・構成/grape編集部]

出典 @nursesan1310619

関連リンク

  • 8/7 16:45
  • grape

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • あきひろ

    8/9 22:11

    薬が不足するなんて日本はもはや貧しい国だな!

記事の無断転載を禁じます