煮えたぎる大鍋の中に落ちた男性、必死の救出も死亡(印)

拡大画像を見る

タミル・ナードゥ州マドゥライで先月29日、ムトゥクマールさん(Muthukumar)が煮えたぎった大鍋の中に転落し、地元の政府ラジャジ病院に搬送された。ムトゥクマールさんは体の65%に火傷を負う重症で、事故から4日後の8月2日に息を引き取った。

タミル・ナードゥ州ではその日、ヒンドゥー教の女神アンマン(Goddess Amman)を称えるフェスティバル「アディ・ヴェリー(Aadi Velli)」が開催予定で、ムトゥクマールさんは寺院で配布されるお粥の調理を担当していた。

当時の様子を捉えた動画では、大鍋のそばにいたムトゥクマールさんが突然ふらつき始め、大鍋に掴まってバランスを取ろうとしているのが見て取れる。

しかしムトゥクマールさんは大鍋のふちに腰掛けるようにしてバランスを失い、そのまま背中から大鍋の中に転落してしまう。異常に気付いた人たちはすぐに大鍋のそばに駆け寄っているが、お粥は相当の熱さとみえてなかなか救い出すことができないでいる。

そうして約15秒後、数十名の男性が引っ張り出そうとする中で大鍋が横倒しになり、ムトゥクマールさんは大鍋から転げ落ちた。

ムトゥクマールさんの妻はこの事故を受け、「夫はてんかん発作を起こしたのではないか」と推測しており、当局は悲劇的な事故として調べを進めているという。

ちなみに6月には米イリノイ州の鋳物工場で、39歳の従業員の男性が鉄を溶解するための摂氏1500度近い炉の中に転落し死亡していた。男性は何かにつまずくなどして転倒したとみられており、検視官は「事件性はない」と結論付けた。

画像は『New York Post 2022年8月5日付「Man dies after falling into vat of hot porridge in grisly accident」(Jam Press Vid/Newslions)』『India Today 2022年8月2日付「Man dies of burn injuries after falling into pot of boiling porridge in Tamil Nadu’s Madurai | Watch」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 8/7 4:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます