チェルシー、ジョルジーニョのPK弾でエヴァートン撃破!…4人が公式戦デビュー

拡大画像を見る

 プレミアリーグ第1節が6日に行われ、エヴァートンとチェルシーが対戦した。

 昨季ギリギリでプレミアリーグ残留を果たしたエヴァートンが、オーナー交代の騒動を終えたチェルシーを『グディソン・パーク』に迎えての一戦。エヴァートンはバーンリーから加入したジェームズ・ターコウスキーとドワイト・マクニールが先発出場でデビューを飾った。一方、チェルシーはカリドゥ・クリバリとラヒーム・スターリングが先発で公式戦デビューを果たし、5日に加入したばかりのマルク・ククレジャはベンチスタートとなった。

 10分、エヴァートンにアクシデントが発生。スライディングタックルでカイ・ハフェルツのクロスを阻止しようとしたベン・ゴッドフリーが、ハフェルツと交錯した際に右足を負傷。ゴッドフリーは立ち上がることができず、数分間ピッチで治療を受けた後、担架に運ばれてピッチを後にした。

 その後は高い強度でスピーディな攻防が繰り広げられ、0-0のまま前半終盤に突入。ゴッドフリーの治療時間を考慮して8分のアディショナルタイムが与えられると、チェルシーはベン・チルウェルがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得する。キッカーのジョルジーニョは相手GKジョーダン・ピックフォードの逆を突き、ゴール左下隅へと流し込んだ。

 ビハインドで折り返したエヴァートンは、70分にも負傷者が出る。ジェリー・ミナが右足を気にした素振りでプレーを中断し、70分にルベン・ヴィナグレとの交代でピッチを後にした。一方、チェルシーも75分にアクシデントが発生。クリバリが筋肉系トラブルでプレー続行を断念し、ククレジャとの交代でピッチを後にした。トーマス・トゥヘル監督は同時に、アルマンド・ブロヤもピッチに送り込んだ。

 85分、スタンドの観客にアクシデントが発生。プレーが一時中断し、後半のアディショナルタイムは10分と告げられた。逃げ切りを図るチェルシーは後半AT9分、ジョルジーニョに代えてレンタルから帰還したコナー・ギャラガーを投入。ギャラガーは待望のトップチームデビューとなった。

 試合はこのまま終了し。チェルシーが1-0で勝利した。次節、エヴァートンは13日に敵地でアストン・ヴィラ、チェルシーは14日にホームでトッテナムと対戦する。

 【スコア】
エヴァートン 0-1 チェルシー

【得点者】
0-1 45+9分 ジョルジーニョ(チェルシー)

【スターティングメンバー】
エヴァートン(3-4-3)
ピックフォード;ターコウスキー、ミナ(70分 ヴィナグレ)、ゴッドフリー(18分 ホルゲート);パターソン、ドゥクレ、イウォビ、ミコレンコ;マクニール(61分 デレ・アリ)、ゴードン、グレイ

チェルシー(3-4-3)
メンディ;アスピリクエタ、T・シウヴァ、クリバリ(75分 ククレジャ);R・ジェームズ、ジョルジーニョ(90+9分 ギャラガー)、カンテ、チルウェル(65分 ロフタス・チーク);マウント(65分 プリシッチ)、スターリング、ハフェルツ(75分 ブロヤ)

関連リンク

  • 8/7 3:38
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます